2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「伝聞」というでっち上げ(曽野の虚偽)

 7月3日の記事で、曽野綾子の「その神話の背景」やその他「集団自決」に関わる言説には無数の嘘・欺瞞が散りばめられていると、その一覧を列挙した。今回は「鉄の暴風」が直接体験者らの証言でなく、非体験者からの「伝聞」によるとした「嘘」を検討してみる。

 『鉄の暴風』が執筆された1950年頃は、沖縄の交通事情はままならず、著者・太田良博は渡嘉敷島へ渡れず現地調査は行わなかった。
曽野綾子は「ある神話の背景」取材の為、1970年に沖縄で太田良博に面会取材した。曽野は太田から、渡嘉敷島で戦時中を過ごしたのではない宮平栄治・山城安次郎という、二人の人物から「伝聞」という形で取材は行われたと聞いたとし、「集団自決」に関する『鉄の暴風』取材は非体験者からの「伝聞」でもって行われ、それが定着したのだと断定している。(「集団自決の真実」p64~65)

 だが、取材から15年経った1985年4月の「沖縄タイムス」においての太田・曽野の紙上論争(ni0615氏のサイト)で、太田は、宮平・山城の二人は単なる情報提供者として名前を挙げたのであって、彼らから取材したとは曽野に言ってないと反論したのである。これは、太田の言うことに本当らしさが窺える。なぜなら曽野は、「集団自決の真実」の中で、括弧つきで<もっとも、宮平氏はそのような取材を受けた記憶はないと言う>(p64)と自ら付記しており、宮平氏は太田に「集団自決」について、証言した事を否定しているらしいからである。取材相手が否定しているのにお構いなく決め付けるとは、ノンフィクションの書き手としての曽野のやり方は、とんでもなく大胆というか、あくどいものではないか?
 
 南方戦線から復員してきた宮平氏は故郷・渡嘉敷島の惨状を見て、怒りを感じ、沖縄戦取材中の太田に、調べてくれとの要望に来たのであった。太田は曽野が取材に来た時は、渡嘉敷島「集団自決」について、誰から証言聞き取りをしたか思い出せず、情報提供者として宮平・山城の名を挙げたに過ぎないと、この紙上討論で反論している。
太田が曽野の取材を受けてから、この論争まで15年が経過しているのだが、この時点で太田は、渡嘉敷島の「集団自決」については、古波蔵(米田)元村長・宇久元小学校長らの直接体験者から、那覇で証言を聞き取ったことを思い出したと言っている。遅きに失した反論であったが、この言葉にウソはないと思う。
曽野は、渡嘉敷の公式戦記2編(概要・様相)の集団自決場面の記述が酷似しているから、記述年代からして、「伝聞」で書かれた『鉄の暴風』を基にして、『概要』・『様相』もそれを引き写して書かれたのだとし、三編全てがインチキであり「神話」なのだという理屈操作をしているわけである。

「ある神話の背景」研究者の伊敷清太郎氏によれば、『様相』を基にして『概要』が書かれた可能性が高いそうである。『様相』の自決場面の記述は『鉄の暴風』の記述を基にして書かれているのは明らかであるが、『概要』・『様相』を編纂した人間は、古波蔵村長や屋比久元防衛隊長などの「直接体験者」なのである。太田氏が書いた『鉄の暴風』の記述は自分ら証言した通りのことを書いているので、それを彼らは自分たちの公式戦記に書き写したのである。
つまり、太田は直接体験者から聞いた事をそのまま『鉄の暴風』に書き、太田に証言した村長・防衛隊長らの直接体験者は、太田の記述方法を真似して公式戦記を書いたという事である。沖縄側の戦記には何の矛盾もないはずだ。ただ、その証言内容が事実であるかどうかは又、別の問題であるという事である。
曽野綾子は後の理屈展開を有利に進める為に、「ある神話の背景」では初ッ鼻から虚偽的操作を行ったのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/76-7f63b6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。