2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記者会見映像

 狼魔人は素早い情報を記事に書いてくれるが、YouTubeに、星と正稔の記者会見が載ったと書いているので、早速覗いてみた。ことばのアクセントから、星は那覇人、正稔は八重山人だと感じた。

全部で30分くらいの映像が載せてある。奥茂治という沖縄在住元自衛官が撮影し、チャンネル桜に送って、それがYouTubeに載せられたようだ。つまりは、星・正稔と奥・産経・世界日報・チャンネル桜とは、意を通じながらの記者会見だったようだ。
 星雅彦と上原正稔の言ってることに、目新しい資料・証言の発見が無い点では、「うらそえ文藝」に書かれているものと同じである。正稔が「隊長命令」は無かったという根拠は、現地へ行って調査してみて、金城武徳、大城良平から「無い」との証言を得たからだと言うが、この二人は昔からそんな証言をしていたのである。一方、金城重明、吉川勇助など軍の「強制」だと証言した人物、或いは処刑された住民の遺族などには話を聞いてない。
また、彼は「沖縄戦ショウダウン」の記述の一部分が、赤松隊・「陣中日誌」の記載と一致するから「陣中日誌」は信頼できるのだと言う。が、この谷本版「陣中日誌」がどういう物か知らないのだろうか。自分で、その部分を調査して証明したとする記述は、「うらそえ文藝」にも会見にも無い。「ドキュメンタリー作家」としてははなはだ食い足りないではないか。

星氏はコラム「25年前は昨日の出来事」(70.4月)を書く2・3年前に、2回渡嘉敷を訪ねたが、一人も「集団自決」は隊長の命令だと言うものはいなかったと、照屋昇雄と同じような事を言う。39年も経った今、それを軍命否定の根拠とする訳である。ともかく、「隊長命令」が無ければ「軍の強制」ではないとしているのであるが、何十年もかけてそんな結論に達したのか。

二人とも、「援護金」に大いに拘泥していて、渡嘉敷の生き残りの人達は「自分の家族を殺して、大金を貰っている」と言わんばかりである。それ故に『集団自決』は隊長の命令ではない、とは言えなくなっているとする。「隊長命令」が無ければ、集団自決者の遺族は援護金を貰う資格が無いといいたいのだろうか。遺族の方々を貶める発言ではないか。

会見では両人とも、曽野綾子『ある神話の背景』を高く評価するようなことも言っている。それ故、この二人が権力に擦り寄った感を強くさせる。彼らの登場は、裁判に負けて一敗地にまみれた曽野綾子の、少しばかりの逆襲のような気がする。

 沖縄のマスコミや本土の大方のマスコミが報道しない事が分っていて、右翼系のメディアが配信するという申し合わせの上、この記者会見を持った事は、星・上原はウチナーンチュとして同胞を裏切り、人間として堕落した事以外の何物でもないと思う。『鉄の暴風』をめぐり、長年の両人への、特に星雅彦への沖縄マスコミの対応の拙さは在ったのだろうが、私憤を晴らす事をこんな行為で行うとは許せる事でない。
スポンサーサイト

コメント

nio615様403のお答え

92歳の伊波苗様は当時の写真や手紙、を見せて元気に話してくれました、昭和19年10月10日の空襲前後の沖縄についてや、御本人が司令部勤務になった経緯、また伊波さんと共に司令部に勤務された平識さんや5名の方を中心にNHK放送が企画した、特別番組を司令部勤務者がお断りした理由、そして牛島閣下の思い出も語っていただきました。もちろん御本人の了解を得てビデオ撮影もしています。19年11月3日の県民大会については何も聞いていないそうです。

奥茂治 さん

>現在沖縄県で92歳ですが32軍司令部に勤務していた看護婦さん

お会いになって何か新しい証言を得ましたか? 当然、貴方の常時所有カメラで収録なさったのでしょう。あなたからの質問と相手様の回答のすべてを、隠さずノーカットで公開くださることも不可能ではないはずです。勿論お相手の顔は、裁判証拠ではないのですからモザイクを掛けて、プライバシーを守ってあげてください。

なお、櫻井よし子女史の支離滅裂な文章を「問題提起だ」と、あたかもトンチンカンな学生レポートを大甘に弁護する先生のように、奥茂治さんが庇護するのは、事実解明の士の為せることとは解せません。

毎回コメントの最後に私達に向かって、「お互いに頑張りましょう」と書く奥茂治さんほどの方ならば、世間に影響力の或るお知りあいに対しては、一層つよく、事実誤認や根拠のなき憶測を慎むよう、御諫言あってしかるべきかと存じます。

「大詔奉戴日」の江崎流『県民大会』?!

江崎孝氏(狼魔人)は、戦争中の沖縄新報昭和19年12月8日第2面に関して、案の定、嘘ばっかり書いていますね。

大本営の密使  沖縄戦秘話3
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/0fb4e9648eb4705cb408ad03a4ad93ec

江崎孝氏が沖縄新報の紙面から消したかったのは「大詔奉戴日」特集記事の主役である『現地軍参謀長談』であって、第三十二軍の住民指導に対する戦争指導がなかったかのような「嘘」を広めることにあるようです。同時にここでも『県民大会』をなんとかでっち上げようとする努力が見られます。

紙面画像
http://www.okinawatimes.co.jp/sengo60/senji/1944120802.pdf


私は江崎孝氏のブログに誤りを指摘したコメントをよせておきましたので、みなさんも御確認いただければ幸甚です。

http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/0fb4e9648eb4705cb408ad03a4ad93ec 
コメント欄

~~~~~~~~~~~~~~

見出しは長勇参謀長談に (ni0615)
2009-08-17 13:02:46

超おそレスで申し訳ありません
沖縄新報見てきました。

狼魔人さんはお書きになりました
>大詔奉戴日といわれたその日の「沖縄新報」には次のような見出しが踊っていた。

けふ大詔奉戴日 軍民一如  叡慮に応え奉らん
一人十殺の闘魂  布かう滅敵待機の陣

確かにそのような見出しが踊っておりました。
しかし、上の見出しは長文掲載の『現地軍参謀長談』に対して付けられた見出しでした。

沖縄新報が煽っていたので軍は煽っていなかった、ということが狼魔人さんのご主旨かもしれませんが、少なくとも大詔奉戴日を特集し、上記見出しを掲載した第2面における紙面構成の主役は、『現地軍参謀長談』※であることは間違い有りません。

※長勇32軍参謀長談(報道においては部隊名を秘匿するのが当時の原則)

なお、各団体の記念行事はそれぞれが行なったことで、一堂に集まっての「県民大会」では無いようです。

紙面画像
http://www.okinawatimes.co.jp/sengo60/senji/1944120802.pdf


~~~~~~~~~~~~~~~

江崎孝氏やそこにコメントを寄せる、嘘を積み重ねたい人たちにとっては、櫻井よし子氏の支離滅裂な度し難い文章ですら、

>軍は住民を守らない。軍官民共生共死の方針。根こそぎ動員。唯一の地上戦。全て大嘘だと証明されましたね。

といったことの根拠にしてしまいます。より罪が深いのは、このような受け止め方をする無茶苦茶な人たちの方でしょうか、それとも評論家女史然とした櫻井よし子氏の方なのでしょうか?

奥 茂治様。

ブログ主・キー坊です。誠実なコメントを有難うございます。
ni0615さんは、ご自分でも去った戦争に関する充実したホームページを作成されています。また、掲示板も開いています。どうぞご参照ください。

http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/5.html
http://tree.atbbs.jp/pipopipo/index.php?mode=expn

当面の論点である「11月3日の事について」有効な情報を提供下さることを期待しております。

nio615様

ご指名していただき有難うございます。櫻井よし子先生が星雅彦さんからの電話を受け、それを週刊新潮に記事として掲載されましたがむしろ私は情報を提供された櫻井先生が梅沢隊長に確認の電話を入れ記事として書いてくれたおかげで11月3日の県民大会について皆さんが興味を持ちこのブログで阪神さんから依頼されるまで私も気に留めてもなかった11月3日の事について、調べ始めたのです、むしろこんな重要な事を私達はこれまで見逃していたのが残念です。櫻井先生は情報を自分ですべて調べる事はできませんし、書くことによって問題提起をして頂いたと思います。また島田知事が沖縄県民のために最後まで尽くしてくれた事を書き県としても集団自決など誰も命じた人はいないと言いたいのです。櫻井先生が支離滅裂との批判はいかがかと思います。現在沖縄県で92歳ですが32軍司令部に勤務していた看護婦さんが元気に健在です。今日お会いする予定ですので県民大会の件を含めてお尋ねして来ます。少しでも真実に近づくために。

櫻井よしこ女史の支離滅裂

いま気が付きましたが、櫻井よし子氏の支離滅裂は度し難いですね。私はご本人が発表した文章からしか判断できませんが、普段からコミュニケーションなさっている奥茂治さんは、どのように解釈なさいますか?

http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2009/08/06/%e3%80%8c%e3%80%80%e6%b2%96%e7%b8%84%e6%88%a6%e3%80%81%e7%9c%8c%e6%b0%91%e7%96%8e%e9%96%8b%e3%81%ab%e5%b0%bd%e5%8a%9b%e3%81%97%e3%81%9f%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e3%80%80%e3%80%8d/
「 沖縄戦、県民疎開に尽力した知事 」
『週刊新潮』 2009年8月6日号の文章です。

女史はこの一文の最後で、
~~~~~
岡田氏の綴ったこの「沖縄の島守・島田叡」は涙なしには読めない。牛島、島田両氏が軍と行政の長として指揮した沖縄で、梅澤氏ら軍人が住民に集団自決を命じたなど、あり得ないのだ。
~~~~~
と纏めています。

これは、名将がトップにいた沖縄では、軍人が集団自決を命じることなどあり得ない、という主張ですね。同時にこれは、名知事のいた沖縄では、県が集団自決を命じることなどあり得ない、ということも櫻井女史は主張していると、当然受け取っていいわけです。

だとしたら、
この一文の前半における、星氏の電話談から梅澤氏の電話談へと転回した話の結論、すなわち、「11月の県民大会に基づく県の指示で、村の首脳達は集団自決を決めた。」、という梅澤氏の証言、これが全く反故になってしまうではありませんか。

いったいぜんたい、どういうことなのでしょうか?

1月の終わりに泉氏から県民思いの島田氏に知事が変わった。櫻井女史によれば、「集団自決」など無慈悲な指示をするはずのない人格者の島田知事にです。渡嘉敷島への米軍上陸1ヶ月前といえば、梅澤氏が主張する村の首脳陣の会合は、当然、島田氏の治世になってからのことです。

もしかして、渡嘉敷島だけは、島田知事に反旗を翻して前任知事の決めたことを守った、とでもいうのでしょうか? あいや、同様の叛乱が、座間味島でも、慶留間島でも、起きたことにしなくてはなりません。

梅澤氏がハッキリと、「県の指示で」、と言ってるのです。櫻井女史は梅澤氏擁護者として、ご自分が蒔いた背理を、責任をもって刈り取らなくてはなりません。忙しく、その場しのぎの文章を脚色なさることによって、結局は贔屓の引き倒しをなさっているような気がしています。

これはありがたいです

ni0615さん、有難うございます。11月3、4日は無いのですね。まだまだ別方面で調べてみます。

沖縄新報について(2)

阪神さん
こんなん見つけました。これまで気づかなかったのが恥ずかしいです。

沖縄タイムスのサイト「60年前のきょうの新聞 」
http://www.okinawatimes.co.jp/sengo60/senji/index.htm
1944年11月14日~1945年2月27日 沖縄新報(沖縄県立図書館所蔵)
PDF画像にリンクしています。

思ったとおり、20年1月下旬より「現地軍参謀長」、つまり長勇第32軍参謀長談話の入稿が増えています。

また、着任時以外では、「知事談話」は「陛下のお言葉」を受けてなされています。

いずれにしても、たいへん読みづらいですが、沖縄の図書館に行かなくても読めるのはありがたいです。

櫻井の可笑しさ

櫻井の次の記述はおかしいですね。

>「予告なしの問い合わせにもかかわらず、梅澤氏は4年前の発言について人物、日付、場所など、極めて具体的に語る。実体験でなければこうした詳細は出てこないだろう。」

4年前の発言を詳細に語れるのは、その後、何度も同じことをしゃべってきたから当然のことです。
梅澤はその11.3県民大会には出席してないので、実体験ではない筈です。石川郵便局長からの伝聞だった筈です。初めて聞いてから数十年も経っている伝聞情報を、今、詳細かつ具体的に語れるというのは、「創作」であることの逆証になるのではないでしょうか?
櫻井よしこのジャーナリストとしての能力を疑わせます。

沖縄新報の件

阪神さん、奥さん
割り込みにて失礼します。

(非対話中のマスコミ露出有名人は世間の通例に従って敬称を略します)

櫻井よし子は週刊新潮記事の複製に於て次のように書いています。
>「県民決起大会の件は当時発行されていた『沖縄新報』が報道したという。梅澤氏らは随分、その新聞を探したが未だ見つかっていない。」
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2009/08/06/%e3%80%8c%e3%80%80%e6%b2%96%e7%b8%84%e6%88%a6%e3%80%81%e7%9c%8c%e6%b0%91%e7%96%8e%e9%96%8b%e3%81%ab%e5%b0%bd%e5%8a%9b%e3%81%97%e3%81%9f%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e3%80%80%e3%80%8d/

「集団自決」命令=軍とは別系統命令説を唱える学者、秦郁彦、藤岡信勝も自論の裏づけを探して、それが見つけられなかったと言ってます。「11月3日沖縄新報は無かった」は、梅澤応援団の共通認識となっていると思います。櫻井への電話口での梅澤回答も、それを踏まえてなされていたのでしょう。

ただ不思議なのは、11月3日ではなくても周辺の「沖縄新報」すら「調べられ」ていないことです。梅澤が某所で主張したように、同種の「県民大会」が「月に何回も開かれた」なら、当然それも紙面を賑わしたはずです。「在郷軍人会の何某」も別の記事に登場しているかもしれません。

周辺記事は梅澤証言を手助けもしますし、あるいは疑問を増大するかも知れません。調査の結果次第はどちらにも転ぶでしょう。また、20年2月の32軍「戦斗指針」示達前後の、戦争指導に関する記事を拾うことも必要かと存じます。

なお、中村粲「昭和史研究会」会報(国会図書館にあり)では、梅澤擁護の立場から沖縄新報記事抜粋を連載しているようです。参考indexになるかもしれません。

※沖縄に調査に行く予定も無いのに、言いたい放題で申し訳ありません。

ともあれ、こうした模糊の中にあって梅澤ひとり、この件に関する言及が時の経過とともに詳細になってくるのは驚くべき現象です。

櫻井はこう記しています。
>「予告なしの問い合わせにもかかわらず、梅澤氏は4年前の発言について人物、日付、場所など、極めて具体的に語る。実体験でなければこうした詳細は出てこないだろう。」

後から後から話がますます詳しくなる。それは、かの有名な「櫻井の別れの場」ならぬ「本部壕の別れの場」の台本書き込みと同じです。

http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/730.html

人間齢八十あるいは齢九十を過ぎると、人名地名あるいは言葉の端端を次々と思い出すことができるようになるのでしょうか? 弱冠にして健忘症を患う私も望みなきにあらず、いちど脳分子科学の先生に生理メカニズムをお訊ねして、安心立命を是非とも得たいと思います。

有難うございました

奥さん、有難うございました。これで沖縄に行く年末まで悶々と気にしなくて済みました。しかし私は沖縄戦の証言(戦記・県市町村史)を手に入る限り全部読み続け、県民大会があったかどうかを調べます。

nio615様にお答え

先ほどは私も失礼な対応をしたと思います、申し訳ありませんでした。
 とこれで予備自衛官は毎日制服をつけているのではありません、自衛官である以上心に制服を着て常に自衛官の心構えを自覚してなければならない、と私は思っています、それであのような表現になってしまうのです。14番はその通りです。15番の質問ですが星先生の混同だと思います。私は事実をお答えしています。それでは頑張ってください。

阪神さんにお答えします

今まで19年の11月3日の件に付いて調べてきました、県立図書館に沖縄新報は置いてありますが残念ながら11月14日号からしかありませんでした、朝日新聞の沖縄判が非公開ながらありましたが、県民大会が開かれたことは掲載されていません、そこで当時の行政文書を調べましたが十,十空襲前後だけありませんでした、そこで民間発行記録の中に10月10日の空襲を受けて県知事、他職員は那覇から1時間の距離にある普天間小学校に避難した、但し当時の荒井県警本部長は逃げずに県警職員と共に勤務した、となっており避難していた知事をはじめ他の職員は吉田茂福岡県知事から叱責され普天間から11月3日に那覇に戻って職務についた事が判りますが県民大会の記述は全くありませんでした。
お力になれず申し訳ありませんでした。

奥茂治さま

前投稿では、正直にあなたへの怒りを表出しました。これからは礼儀をもった書き方に戻ります。

>しかし何でも疑う貴方様には通じない事とおもいます。

奥茂治さまは豪胆なお人柄です。なに故に私が貴方に疑いを持つか、お分かりになりながら知らん振りができるのですから(笑)。

> お互い自分の主張だけでは進歩はありません真実を求めましょう。

11、真実を求めるには、相手のいったことをそのまま受け取って、それに異論反論があればそれを表明する。相手の言ってることを捻じ曲げて議論してはいけない、それが最低の条件だと思います。WEBというのはスレ枯らしの還暦モノだけが見ているわけではなく、青少年から子供まで閲覧しています。私がおあなたを「沖縄人」だと申していない事実をお認めになり、奥様の発言をご訂正くだされば幸いです。

12、ところで私はご期待に添えず、自衛官でも予備自衛官でもありません。しかし、あなたの表現ですと予備自衛官は月4000円で1ヶ月毎日46時中制服を着無くてはいけないように受け取ってしまいます。それは確かなことなのですか。制服を着て正業を営め、などとは自衛隊の案内ページも書いてないと思います。奥茂治さんは義務でもないのに毎日何処へ行くにも制服を着ているのですか?

13、「質問10」は「10番の質問」ではなく「質問10個」の意味でしたが、これは「個」の字を忘れた私のミスで誤解を与えたようです。お詫びするとともに、改めて「10個の質問」への残余のご回答をお願いする次第です。

>10番のお答えですが私が友人を介してアポ取りました。記者会見で初めて本人を知りましたので、ま違いありません、

14、これは、10番ではなく9番の質問に対する答えですね。確認させてください。奥さんは、「記者会見で初めて」星さんを「知って」、あとで「友人を介して」星氏にチャンネル桜出演の「アポとり」をした、と仰ってるのですね。そして、それゆえに星氏の記憶のほうが混同していると。

あなたの仰ることは正確に受け取ります。そのうえで、諸証言を対比して吟味させていただきます。

15、チャンネル桜インタビューのアポは「櫻井さんの仲立ちだった」と、星さんが混同したとすれば、その混同を起こす要因に、「櫻井氏の週刊新潮紙上インタビュー」の話が並行していたことが考えられます。奥茂治さんはそちらにはコミットしていらっしゃいましたか?

=====

先に、奥さんにメールでのお答えに御礼を申し上げたかと思いますが、皆さんへのご報告が遅れました。

奥さんからの文面は以下のとおりです。
~~~~~
メールから返信いたします。
何度も申し上げますが、星さんと上原さんの記者会見は本人たちご自身で決められたものですし場所は県庁記者クラブですしチャンンル桜には私が撮ったビデオを送りました。照屋昇雄さんの件についても知っているすべてを回答いたします
。歴史は政治でもありません、そして歴史は創作であってはならないからです。大東亜戦争の犠牲者の上に私たちが現在の平和を満喫しているのです。そして今後もこの平和が永遠に続くために大いに議論し合いましょう。真実を求めて進みたどり着くところが違った場合自分がより進歩した事になるでしょう、頑張ってください。
~~~~~~~~
これは、gorugo13jpn@yahoo.co.jpさんに私からお送りして、そこからお返事を頂いたものです。これによって私は、Yahooの衆議院立候補者採点サイトで熱心に投稿していらっしゃる、政治好きの「gorugo13jpn」さんと、この掲示板に参加なさった「奥茂治さん」とが、同一人であることが確信出来ました。

不審に思った私をさぞかし不愉快にお感じになったでしょう。しかしながら、有名人の名前の多くが「なりすまし」で悪用されることの多いネットでは、やむを得ず必要な確認行為であることもご理解ください。

わざわざメールの返事をくださったこと、改めて奥茂治さんに御礼申しあげます。

~~~~~~

敗戦記念日と盆が明けたら、引き続いて奥茂治さんには、照屋昇雄証言のことでお尋ねがあります。そこでサイト主さんにお願いです。この件について新たなエントリーを建てていただきたいのです。この場で延長すると話題がテレコになって、「紛れ」が生じるの惧れがあるからです。

以上です

nio615様

どなた様か知りませんが私を若造の癖よばわりですね、文面で見る限り貴方は普通の老人ではありませんね?
 残念ながら私はパソコンにもあまり上手くありません文章を読み書きできる程度だと申し上げておきます。そのためサイトの左右を見る事そしてサイト主以外の書き込みの区別がはじめてわかりました、本当の事です。しかし何でも疑う貴方様には通じない事とおもいます。
 それにキー妨さんが気にしていましたが私は全く気にしていません、それに上記の理由で区別がつかなかったのです、私は携帯からは書き込みしていません。
 お互い自分の主張だけでは進歩はありません真実を求めましょう。
 予備自衛官はみな常識派であり礼儀正しい隊員ばかりです、ですから一月4千円の手当で軍服を着ているのです。なかには私のような無礼な軍人もいるかもしれません。ところで予備自衛官はと呼ばれる貴方様は自衛官ですか?それとも旧軍人?ですか。10番のお答えですが私が友人を介してアポ取りました。記者会見で初めて本人を知りましたので、ま違いありません、その後、桜井さんが確認を取ったこともあります。幾ら説明しても信じないのが貴方様のスタイルのようですから、一応、説明だけ致しておきます。真実の探求にお互い頑張りましょう。

奥氏にお願い

奥さん、もし本物なら県立博物館の郷土資料室にある沖縄新報19年11月版を見ていただけませんか。11月3日に県民大会が開催されたかどうか確認いただきたく思います。日にちが日にちなので何か開催されたはずです。軍なら隊長訓話があり餅が配られたりしますが、県庁はどうだったのでしょうか。本物なら直ぐに確認出来るはずです。御足労お願いします。確認出来たらここで報告願います。

あれ!何でそんなに。

>ni0615さん。
貴兄がそんなに激したコメントを書くのをはじめて見ました。狼魔人ブログへの、あの皮肉たっぷりの抑えたコメントに比べたら、今回奥茂治氏へのコメントは、怒りの情を露わにしているように思われます。(あっちでは私の方が、罵詈雑言を浴びせたので、コメント禁止にされてますが。)
何か、ここ以外でのやり取りがあったのでしょうか。奥氏は携帯でアクセスしているようなので、サイト主と他のコメントを混同したり、敬称を抜かすのはやむ得ないのでは、と思うのは好意的過ぎるでしょうか。

奥氏も、狼魔人や惠隆之介達と同じ穴の狢という事では、私ら曽野綾子を追及する者としては、対極の位置にいるわけで、相容れざる存在である事は言うまでもないです。だが、ニセ沖縄人の惠や成りすましの江崎と比べて、奥氏は一応、自分の素性をここで明らかにしています。私のような匿名ブログに顔を出しても、まったく得にはならないと思うのに、話し合いをしようと姿勢は見せています。
もちろん、私にチャンネル桜へ出てくれなどと言うのは話半分だろうし、こちらも出るはずありません。まあ、私は相手の対話要求に乗る気は無いのですが、その姿勢を示してくれた事に対しては、一応の敬意を表したいと思います。

奥茂治へ

サイト主さんの名前も自分で確かめないとは、君は随分と若造の癖に、無礼な人間ですね。ページの左右を見れば直ぐに分かるにも拘わらずです。予備自衛官の方々が皆、君のように無礼千万だとは決して思いたくありません。

> サイトに書いた名を呼んではいけないのですか?

普通の人間なら、「奥茂治」と自署した人に対しては「奥茂治さん」と呼びます。こんなことまで説明させる君に対して、この投稿に限っては、君の要望とマナー規準に従って、敬称を略します。


奥茂治、何故私の質問10にまっつぐ答えないのですか?なにか疚しいことがあるのですか?

>貴方は県庁記者クラブに行ったことがありますか?

県庁記者クラブでの君の体験を尋ねているのはコチラです。私は行ったことはありません。私の質問はウソでない限り道義上の問題が何も怒らない質問ばかりです。はぐらかしを読めば、答えたくない重大な理由があることは窺えました。星、上原両氏と奥茂治との事前のコミットメントについては一層疑いを濃くすることができました。有難うございました。


>私は沖縄人とか一度も言っていません

私が、奥茂治が沖縄人だと、いつ申しましたか? 私は、
>>「奄美人の貴方が自衛官を退官なさった22歳からしだいに沖縄に拠点を移し、」
と書きました。

他人の言ったことを魔逆に書き換えることなど、口舌稼業の奥茂治には屁でもないよ、ということでしょうか。
(あなたが間違いを認めて訂正すれば、礼儀を持った言い方に私も書き換えます。)

私は、奥茂治のように世論誘導稼業のために世間に自分を露出してはいない、一介の市井の徒に過ぎません。後で照屋昇雄証言についてお尋ねします。その際には、彼を世に出し裁判を起こしたプロモーターとして、社会的責任を踏まえた答えを願います。

お答え

私がサイト主を再三呼つけにしている、ということは貴方は違う方でよろしいですか?
 またそれが私の本心ですか?とはなんでしょうか?
 サイトに書いた名を呼んではいけないのですか?
 私は政治とは全く関係がありません、
私は墓掃除の代行をしておりその作業工程をビデオで撮影してお送りするため毎日所持しています、
 貴方は県庁記者クラブに行ったことがありますか?
 私は沖縄人とか一度も言っていません私は日本人で奄美大島の出身です間違っていますか?
 どうぞあなたこそどこのだれかを名乗って下さいませんか?

奥茂治="gorugo13jpn"さま

奥茂治="gorugo13jpn"さま
メール御返事有難うございました。それは後述ということにしまして、最初は[369」について。

[369」では、奥茂治="gorugo13jpn"さまの沖縄への熱の入れ込み方について伺いました。

奄美人の貴方が自衛官を退官なさった22歳からしだいに沖縄に拠点を移し、沖縄のマスコミにも人脈を築いて来られたとの由、芝屋通いをしながら40年、マスコミにも人脈を築くご職業とは一体なんだろうと、好奇の虫もうずいて参りましたが、ご自分からはそれを避けておられるご様子なので、悠悠自適はとても羨ましく感じつつも、敢えて私からそれをお尋ねするのは避けることといたしました。したがって、文面上のことのみにて。

1、まず、貴方様がサイト主さんを再三呼びつけにされているのは、貴方様の本心の表出と考えて宜しいでしょうか?

2、「私の人脈は保守も革新もありません」、これは長さにおいて貴方様と殆ど変わりの無い私の人生経験からしても、政治的な活動をする方の『外交辞令』であって、それこそ「保守も革新」もなく、そのようなご商売の方は皆さん仰っています。むしろ「私は政治的な活動(商売)をしています」という意味の『隠語』だと承知しています。したがって、これからはこの掲示板では無用の言辞と心得ますが、いかがですか?

3、県庁記者クラブでの「記者会見」が、貴方様によって申し込まれたのではないことは誰が見ても全く妥当です。当人のお二人の名で「記者会見」が申し込まれたことは誰も疑わないでしょう。しかしそうであっても、事前に貴方様、もしくは貴方様周囲の方が何らかの相談を受けなかったかどうかは分かりません。折角のあなたの「間違いありません!」という苦心の表現をもっても俄には信じられない方もおられるでしょう。それも当然です。例えば、星、上原氏とはその「記者会見」で初めて会った、といった事実があれば別かもしれません。いかがですか?

4、あなたは星、上原氏からではなくマスコミ関係者から「記者会見」を知ったと仰いますが、そのマスコミ関係者には、「世界日報」関係者が含まれますか? 産経新聞関係者が含まれますか?

5、あなたは、チャンネル桜が全く知らないところで記者会見場にビデオカメラを持ち込んだと仰っていますが、あなたは、常日頃からビデオカメラを持ち歩きカメラマンに徹しておられるのですか?

6、あなたは、「記者会見」に傍聴者ではなく「記者」(記者クラブ会員かどうかを問わず)として参加したのですか? もしそうなら、どちらの「記者」さんとしてですか?

7、それとも、一般市民の「傍聴」として出席したなら、あなたは出席の諒解 をどなたら得ましたか? ビデオ撮影の諒解をどなたから得ましたか? その方のお名前若しくは職責を教えていただけますか?

8、あなたは、見ず知らずのキー坊さんにまで、あたかもチャンネル桜を代表するかのように「チャンネル桜に出てください」とお書きになりました。そのような方が、「記者会見」の情報を聞いて、チャンネル桜にその情報を伝えない、ということの方がよっぽど不自然なことだと思います。いかがでしょうか?

9、「今回放送された分については私がアポを取りました、桜井よし子先生ではありません。」と仰るのは、チャンネル桜井上・大高両氏による星・上原インタビュー番組(両者出演+個別出演x2)のことですね。その件についての星雅彦さんの証言は間違いだと仰るのですね?

10、その番組のセットアップは、貴方さま(奥茂治="gorugo13jpn"さま)による、と確認して宜しいですか?

以上、確認事項としてお答えいただければ幸いです。いただいたお返事メイルや照屋昇雄と奥茂治さんとの関係については、別項といたします。


[C362] の奥茂治さんは、gorugo13jpn@yahoo.co.jp で、
[C368]の奥茂治さんは、gorugo13jpn@yahoo.co.jpです。
全角文字のメルアドは、どこ星の方でしょうか(笑)。

遅くなりました

キー坊、の指摘通り2つのアドレスがあるかも知れませんゴルゴ13は私の長年の愛称ですので携帯電話からすべてゴルゴ13を使用しています。実は私はライフル射撃で満点射撃を何回も達成しましたそれが自衛隊の内部紙に掲載されその時付いた愛称です。
ところでお尋ねの件ですが私は人名辞典でも掲載されている通り、奄美大島の出身です、沖縄人ではありませんしかし昭和45年から沖縄に出入りして51年4月から移り住みましたが住民移動は確か53年かもしれません。
私は沖縄の事を早く知りたい事と早く沖縄人に近づくため沖縄芝居を見に沖瑛劇場に毎日通いました。それに現在は過去の沖縄をもっと知るためにお墓参り代行とお墓の清掃を依頼されてやっています、その甲斐あって早く沖縄人になれたのかもしれません、私の人脈は保守も革新もありません、ですから沖縄で苦労しながら気楽な生活を送っています。
お尋ねの星さんと上原さんの記者会見ですが私は全く関与していません、記者会見を知ったのは友人からでした、ご存知だと思いますが私はマスコミにも人脈があり記者から聞きました。チャンネル桜から依頼されたのではありません、私から記者会見の翌日井上君に電話して伝えたのです、間違いありません今回放送された分については私がアポを取りました、桜井よし子先生ではありません。以上誓って回答いたします。

お返事

キー妨ですね私が奥茂治本人です、いる立場は違いますがよろしくお願いします。貴方からの質問すべて昼休みに答えます。

奥茂治="gorugo13jpn"さま

和田さんのご示唆もあって、
先ほど、奥茂治さまご指定のアドレスでMailをお送りしましたが、
gorugo13jpn@yahoo.co.jp
ご本人様で有りましたら、
当該アドレスからのお返事をくださるよう、
お待ち申しあげます。

なおyahooには、「gorugo13jpn」というIDをお持ちで独自の書き込みをなさっている方がおられるようです。
http://www.google.com/search?q=gorugo13jpn%40yahoo.co.jp&hl=ja&lr=lang_ja&num=50&filter=0
奥茂治様はその方と同一人ということになりますが、そういうことで宜しいのですね。

お返事をいただけないときは、『騙り』と思うのもやむを得ないでしょう。

奥茂治の住所と電話番号

奥茂治さん、ようこそ。
あの元自衛官の奥さん本人だとすると、拙ブログへお出で頂いて大変恐縮に存じます、と言うところですが、私はあのグループを敬愛してないので、そうも参りませんね。
奥茂治さんをかたっている可能性強いですが、一応本物だとして質問いたします。

実は、今日偶然、某県立図書館の前を通りかかったので入ってみると、全国電話帳があったので、思い付いて、那覇市の項で、「奥茂治」を検索したら載っていて、住所は字上間となっていました。狼魔人さんや隆之介さんは載せてないのにさすがです。サムライは堂々として欲しいものです。

奥茂治さんにお聞きしたいことは、奥さんはあまり積極的には公表してませんが、奄美の出身ですよね。沖縄生まれの沖縄育ちの隆之介さんは自分が奄美血筋であることを公表してないので、完璧な「ニセ沖縄人」だと言えますが、アナタは一応奄美生まれであることは公表しているので、ニセとは言えませんが、アナタを沖縄の人だと思っている大和人は少なくないでしょう。もし沖縄で育ったのであれば、アナタがそれを公表しなければ、アナタは「成りすまし沖縄人」でしかないです。狼魔人はまさしくそうですね。

沖縄にいて、沖縄が「全体主義の島」などという事はこれっぽっちも思ってないでしょう。もしそうなら、アナタは沖縄では生きて行けないはずですが、大手を振って生きているでしょうから。

奥茂治さんの役割

奥茂治さんご本人ですか?
はじめまして。

「集団自決裁判」で重要証言者をプロモートなさった
「平成沖縄言論戦」のいわば「軍令部長」とも思われる重要人物、ご本人が、
志はあっても世間の一員に過ぎないもの達が集うこの場に、
わざわざお出ましとはたいへんな驚きであり恐縮です。

いずれ、なぜ照屋昇雄証人を法廷に立たせなかったのか、プロモーターである奥様にはお尋ねしたいと常々思って降りましたが、今宵はそれは後回しにしたしましょう。

~~~~~~奥さんは仰いました。
>この会見は星さんと上原さんが自主的に開いた記者会見です、世界日報やチャンネル桜が要望したり企画した訳ではありません。
~~~~~~

でも、キー坊さんが仰っているのは、<意を通じながらの記者会見>です。微妙な言い方ですし、あながち間違いとは言い切れないでしょう。

~~~~~キー坊さんがおっしゃる
>奥茂治という沖縄在住元自衛官が撮影し、チャンネル桜に送って、それがYouTubeに載せられたようだ。
~~~~~
これは間違い有りませんよね。

だって、チャンネル桜番組の井上和彦さんが<放送>の中で言ってることです。これが間違いだとすると、井上さんがウソをついてることになってしまいますし、チャンネル桜は<放送法違反>ということに「なってしまいます。奥茂治さまは記者会見へと撮影に駆けつけ、撮影済テープを早速チャンネル桜に送った。井上和彦さんがウソを云ってるわけじゃないですよね。

本来、井上さんがカメラマンを連れて取材に行くべきところ、なんかの都合で行けないから貴方に撮影を頼んだのでは有りませんか?

ここまでは事実の問題です。
あとは事実に基づく、キー坊さんの論評です。
~~~~~~
>つまりは、星・正稔と奥・産経・世界日報・チャンネル桜とは、意を通じながらの記者会見だったようだ。
~~~~~~

記者会見に、産経・世界日報、チャンネル桜に撮影を頼まれた奥さんが集まったのなら、キー坊さんの<意を通じながらの>というこの論評を、根拠のないことと断ずることはできないでしょう。

勿論、あなた様はあなた様で御自分に一番都合の良い説明をなさることはご自由です。私達はそれを、「なるほど当事者ならそう弁明するだろうなあ」と、一つの重要参考資料としてお聴きすることができます。

その上で、第3者として私の客観的推量申しあげます。

その後の星・上原両氏のチャンネル桜出演番組で、収録現場にあなた様ご自身が立ち会っていらっしゃることからみても、奥茂治様が、「星、上原発言」に重要な役割を果したプロモーター(推進者)だったことは否定できないと思います。

何故かアドレスがゴルゴ13と読めてしまいます。
以前投稿していないですか。

成りすましではないですか。

勘違いがすべて

このブログをはじめて開いて見ました、誰でも自分の都合で勝手な判断をしてはいけないと思います。この会見は星さんと上原さんが自主的に開いた記者会見です、世界日報やチャンネル桜が要望したり企画した訳ではありません。むしろビックリしたのは私たちです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/64-561ce8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。