2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翁長知事関連記事

 昨日付(10・21)の沖縄タイムスに、二つの目に付く記事と写真がある。一つは一面の、翁長知事が内閣府に出向いて、島尻安伊子沖縄相と面会した記事である。翁長知事の表情はにこやかである。会談後、知事は次のように述べたという。

 (島尻氏について)『私が那覇市長時代の那覇市議会議員で、参院議員になるときは私も応援した』と、これまでの関係性に触れ、『(島尻氏の)政治姿勢や真面目さはよく分かっている。沖縄を熟知しているし、頑張ってもらいたいと話した』と会談の内容を説明。
 島尻氏から「経済面やソフト面、子どもや介護、女性に関する施策をきめ細かく取り組みたい」との話があったといい、『県政としても(方向性)一緒なので、力を合わせてがんばろう」と応じたという。

     10月21日翁長・島尻          団長と徳永


 この翁長知事の島尻アイ子への応対ぶりは、知事を支援する立場の者として、如何に評価をしたらよいのか迷ってしまう。安倍内閣は、来年7月の参院選でアイ子を勝たせる為に、わずかのキャリアでも彼女を大臣に取り立てたのである。何が何でも辺野古基地建設を強行したい安倍政権は、何が何でもアイ子を三選させたいだろう。
 知事の態度は、カレンダー配布事件が発覚して今窮地にあると言ってよいアイ子に、イメージ回復効果を与えかねないものだ。この十数年、アイ子が政界に乗り出すにあたって、仲井真前知事と共に、翁長知事は自分が少なからぬ面倒を見てきたという自負があり、その同志としての感情が十二分に残っているという事だろうか?それとも、辺野古建設を阻止する為の、知事の深謀遠慮の為せる業なのか?

 もう一つは、社会面にある『取り消し無効提訴』、「宜野湾市民『知事権限を乱用』」という見出しの記事である。元市議が団長となって、12人の原告団が沖縄県と翁長知事を相手に1億2千万円の慰謝料を求める訴訟を那覇地裁に起こしたという。
 これをネット検索してみると、既にあちこちに動画がアップされている。この動画の発信元はほとんど『チャンネル桜』である。新聞に掲載されている写真を見てみると、団長の傍にいるアロハシャツ、メガネの男はあの靖国応援団弁護士の徳永信一である。「大江岩波裁判」で為す処なく完敗して、曽野綾子、秦郁彦らの権力追従物書きにホゾをかまさし、無能の烙印を押された弁護士である。

 その徳永は中央では出番がなくなったのだろう。沖縄でゴキブリのように動き回っている。一昨年の上原正稔が「琉球新報」を訴えた裁判では、第二審で逆転の損害賠償(100万円余)を獲得したので、沖縄マスコミの「言論弾圧」が認められた、梅澤・赤松両隊長の名誉が回復されたと、大騒ぎしていた。
 今年発行の『うらそえ文藝』では、転落評論家の星雅彦相手に30ペ-ジにも及ぶ対談を繰り広げ、太平洋戦争の正当化、「集団自決」報道における沖縄マスコミの偏向性を非難している。

 徳永は新報訴訟の「勝利」に味をしめたのか、今度は地元宜野湾に住む体制従属の輩を焚きつけて、県知事攻撃の仕掛け人になっている。徳永も篠原章と同じく、沖縄を食い物にしたい陣営の求めにより、沖縄で蠢く事によって活動の場を得ていると思える。
 このような訴訟を裁判所が認めるはずはないと想像できる。こんなケチな連中が起こす訴訟で、彼らを勝たせたら、裁判所の品格が疑われるからである。法律的整合性、妥当性以前の問題である。「大江岩波裁判」で彼らが全面敗訴したのも、そんな理由からであると私は思う。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

楽しみです

防衛隊長は戦後ほぼ沈黙を守ったと思っていたのですが、映画に出ていたとは知りませんでした。

映画2本について語り合いましょう

後ほど、朝鮮半島から渡嘉敷島に強制連行されてきた朝鮮人慰安婦だった方を追った映画と、渡嘉敷島元防衛隊長激怒の映画を紹介しますので、ここで語り合いましょう。

三悪人

宇土大佐の写真は初めて見ました。

参謀長の長勇、航空参謀の神直道、国頭支隊長の宇土武彦の三人は沖縄戦三悪人と呼ばれているようです。

長参謀長は摩文仁で自決していますが、彼の墓標は戦後何度も引っこ抜かれたと聞いています。

首相の安倍晋三、官房長官の菅義偉、参院議員の島尻愛子はさしずめ沖縄基地の三悪人でしょう。やっていることが極悪非道、断固成敗せざるべからず。

宇土大佐

こんにちは。
こんな写真がありました。
http://imgb1.ziyu.net/view/kimuke/1446561097.jpg.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/423-0213625c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。