2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国の劣化を象徴するS学会

 安保法案は予想通りに成立した。野党側は相当の抵抗をしていたように見えたが、これはパーフォーマンスに過ぎないと思える。第1党の民主は今も、自民党に「大政奉還」した連中が主流をなしているからヤラセでしかない。本気で法案を阻止する気が有るのは、社民、共産、「生活と山本太郎」だが、合わせても微々たるものである。この国は政治的状況として「翼賛体制」と言ってよい。
 ところで、自民党と手を組んで久しい公明党だが、いよいよ「邪教」としてのS学会の本質をさらけ出したと言うに相応しい。昭和44年に学会は、藤原弘達氏の「創価学会を斬る」出版をめぐっての言論弾圧事件を引き起こしのだが、45年経った今でもその本質は相変わらずのままである。日本社会の底辺に居る階層を引き入れて、その数でもって社会に影響を与え、世にのさばろうとする体質である。

                  10月号目次
                      1971年『諸君!』10月号

 上の写真は、1971年『諸君!』10月号の表紙である。当時43歳の大作様の異様な似顔絵が打ち出されているが、今では考えられない事である。「言論弾圧事件」から2年後の事である。
 私がこのコピーを入手したのは、この号から連載された『ある神話の背景』のコピーを入手したかったからである。ついでにと、表紙と目次の1部をコピーした。

               1971年『諸君』10月号
                            『諸君10月号目次』

体制従属の「文春」が発行した『諸君!』だから、当時は権力筋もS学会や公明党を煙ったい存在とみなしていたものと思える。特集を組んで、学会批判の識者論考を並べている。曽野綾子が沖縄に乗りこんで、その地を食い物して物書きとしての地歩を築く文章を書き始めた雑誌に、権力筋の雑誌が学会批判の最後とも思える特集を組んだのは、今の日本を予見した出来事のようにも見える。
 
 前にも書いたが、私の居住する地域は部落ではなかろうかと推測するが、この地にもS学会の会員が多数居るように思える。S学会は、底辺に居る階層を汲み上げる形で勢力を伸ばしてきたと思える。くすぶる不満・不平を解ってあげるという形で、恵まれない者達を引き入れて戦後70年勢力を伸ばしたのだと思う。
 S学会自体がこの日本を歪んだ情況にしたとは言えないが、歪みつつある情況に乗じて勢力を伸ばしたのではないかと、私は思うのである。
スポンサーサイト

コメント

翁長知事の正念場

翁長雄志は決して、嘉手納の元町長Mのような腹黒政治家ではないと信じます。現時点でもあらゆる手段を探って、権力に対抗しようと考えていると思います。

翁長スピーチ

反響をネットで検索して見ました。

Times
http://www.mondonews.net/News/64466/japanese-governor-steps-up-protest-against-us-base

米国務省の報道官ブリーフィングで記者から質問が出ています。
http://www.state.gov/r/pa/prs/dpb/2015/09/247117.htm

どこであれ地元の負担軽減は考えてやっているということと、移設は唯一の解決策だという紋切り型の回答です。しかし、記者の重ねての質問をさえぎっています。アメリカが悪者にされるのは嫌でしょうね。これから大統領選挙だからつけこむチャンスです。

日本関係では
kyodo、Japan times, nhk, ryukyushimpo、jijiとひととおり報じています。さすがのNHKも英語放送はまだ毒がまわっていないようですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/416-06742f39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。