2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山姥も老いたりか


 このブログで山姥(やまんば)といえば曽野綾子である。2月11日「建国記念の日」の産経新聞コラムで、途上国を見下したような文章を載せて、自らの正体を露骨にさらけ出している。
『ある神話の背景』以来、弱い立場にある者を食い物にして肥え太ってきたに拘らず、何ら激しい非難に晒される事なく、文壇髄一の女流作家として君臨してきた。巧妙な権力への取り入り、持ち前の勘の良さで危険発言を避けてきたが、今回のコラムの一文で今のところネット上の報道でだが、海外・国内の海外関係団体から強い非難の声が上がっている。

2.11産経コラム
          産経新聞 2月11日

 曽野の書くコラムの文章は、常に権力御用言論人としての傲慢さに彩られている。
『労働力不足と移民ー「適度な距離」保ち受け入れを』と題するこの文章も、支配階級の代弁人としての傲慢さに満ちている。超高齢化社会に突入している日本に、アジアなど発展途上国からの、低賃金で使える老人介護従事の女性の移民を緩和せよ(男性を除いているところが曽野綾子的ではないか)、との趣旨である。

 この主張自体が欺瞞に満ちているではないか。なぜ日本が少子化するのか、という根本的問題にはもちろん触れる事はない。なぜ、日本人の介護従事者が減る一方なのに、介護業者への介護費用を政府が引き下げるのかという疑問を発する事はない。
 福祉予算を削って天下りなど、官僚の利益に奉仕する安倍政権の方針であるのだが、代弁人の曽野がそれを批判する事はない。手っ取り早くアジアなどから安く使える女性労働者を移民させよ、と言っているのだ。

 衛生上の資格とか、語学力などを重要視する必要はない、日本人の孫が祖母の面倒を見る時も、「おばあちゃん、これ食べるか?」程度の日本語なら、語学の訓練など要らないと、のたまう。祖父母の介護を熱心に行う日本人が稀になっているから、老人の介護が日本国の大問題となっているのではないのか?
 覚束ない日本語しかできず、衛生知識不足の外国人介護人を大量に導入すれば、事件・事故が頻発するのは想像するに易しい。それでも良いのだとしたら、老人棄民政策を推奨している事になるではないのか。

 曽野は『ある神話の背景』以来、御用モノカキとしての頂点を極め、御殿も建てているだろうから、老後の心配はあるはずない。外国人介護者に面倒見て貰いたいとは露ほども思ってないだろう。それに山姥=鬼婆だから、100才までは生きるかもしれない。
 だが、その山姥も寄る年並みには勝てなくなったのか、今回のコラムでは致命的な事を書いている。南アフリカの「アパルトヘイト」を称賛するかのような内容を、後半部分に書いている。曽野がこんな考え方を持っている事に、私は全然驚かないが、用心深く抜け目ない女モノカキがこんな失策をしたことに驚いている。
 曽野がよくやる沖縄韓国・中国、国内の弱者へのヘイトスピーチは、それ程の非難をを浴びない。が、今回は、永年世界の非難を浴びていた南アのアパルトヘイトの称賛を、介護従事者移民への引き合いに出してしまった。(もう、エボラ出血熱についての講釈を垂れる機会はないだろう)

 早速、日本アフリカ協議会というNGOから抗議の文が、曽野と産経新聞に出されている。海外のSNSでも批判が噴出しているようだ。
 しかし、昨日の評論家・宮台真二のラジオでの評論は、所沢市長のエアコン拒否を取り上げ、「クソ市長」と罵倒していたが、曽野のコラムの差別文章については何の言及もなかった。やはり、国内では曽野綾子の権力御用言論人としての圧力は強いものなのだろうか。

近藤医師との共著近藤誠医師との共著   曽野綾子近影新潮45より

 曽野はコラムなどでは、若々しい顔写真を使っているが、御年83歳になっている現在の容貌は上のようなものである。山姥といえども老衰から逃れられないだろう。
スポンサーサイト

コメント

世界中に配信

ロイター通信が世界中に配信したようです。

http://www.reuters.com/article/2015/02/13/us-japan-apartheid-idUSKBN0LH0M420150213


晴天とら日和さんのブログに紹介があります。
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/52234803.html

元外交官の天木氏は
「悪い事は言わない。産経と曽野綾子氏は即刻、全面謝罪すべきだ」というブログを書いています。早く手を打たないと

「アフリカ諸国の大使がこの抗議に参加し、あるいは在日特派員の誰かがこの問題を海外に配信し、ひろく世界が知る事になると、大問題に発展するだろう。」

と言っていますが、すでにそうなりつつあります。

http://www.amakiblog.com/blog/

山姥は消え去るな

阪神さん、ご足労ありがとうございます。
宮台氏のようにメディアで売り出した言論人は、大物を撃つ際には慎重なのでしょうね。

伊藤さん。
弱者を貶めてきた曽野には、まだ焼きが回ってきて貰いたくない気分もあります。でも、権力追随の出版メディアは老化した曽野を退去させたいのかもしれませんね。

一番いいのは

キー坊さんのおっしゃるように、彼女、焼が回ってきた感じがありますね。
阪神さんGJ!
ローマ法王に「この前間違えて勲章だしたので、返してくれないか」といっていただくと一番いいのですがね。

change.orgへ知らせるとムーブメントが起きるかも

こんにちは。
時間が無いので宮台氏は追及出来なかったと思います。
早速、change.orgへ知らせました。
曽野綾子への抗議の和を拡げたいと考えたからです。
https://www.change.org/
曽野綾子は地獄に永遠に隔離されます、御安心下さいw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/369-5d8c40b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。