2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売国奴宰相・安倍晋三

 イスラム国(ISIS)に捕われていた日本人二人のうち、湯川遥菜氏が斬首処刑された。湯川氏が捕われた事は去年8月の時点で分かっていた。その湯川氏の解放を図るべく、ジャーナリスト・後藤健二氏はイスラム国の支配地域に足を踏み入れたらしい。 だが彼もイスラム国に捕縛されてしまった。それは10月の事であり、既に後藤氏の家族の元にはメールで身代金要求があったという。 

           湯川殺害写真を持つ後藤
                湯川殺害写真と後藤
        
 当然日本政府もこれを認識していたわけである。その中を今月、安倍晋三首相は中東歴訪に出かけ、アメリカの同盟諸国に対してテロとの闘いを約束し、ヨルダンには難民支援のためという2億ドルの供与を発表した。全面的にイスラム国(ISIS)との敵対姿勢を示したと言ってよい。  日本人二人が拘束されているという現実を知っている上で、そのような態度を示したという事は、二人が処刑されても構わないという日本政府の姿勢を露にしたという事である。得体の知れない感のある湯川氏は自己責任性を帯びているといわざるを得ないが、後藤氏に関しては無辜の人物であり、ぜひ命を救いたいというのが日本人一般の感覚であろう。現時点、彼の救命についてはヨルダン国との折衝に掛かっていて先の見通しは見えないが、外務省の努力にわずかの期待を寄せるのみである。

 それにしても、安倍首相の中東歴訪は、この二人の拘束者の生命を亡くしても構わないという前提で行われたものである。所詮アメリカのロボット・ポチでしかない安倍晋三首相は、日本人二人の生命より自分の保身が優先されるのである。、安倍晋三は色々な売国的政策を強行しようとしているが、当然、その中で私が最も関心があるのが、辺野古の埋め立て強行である。絶対反対の翁長雄志氏の知事選大勝が在るのに、安倍政権は建設を強行しようとしている。微々たる大手メディアの報道はあるが、沖縄の新聞では政府が暴力的なやり方で着々と、埋め立てを強行している報道が連日されているのだ。

 わずかの知力も胆力も無い安倍晋三という人間が日本国の宰相に君臨しているという現実を、日本人(大和人)は屈辱に思わないのだろうか?真っ先に斬首されなければならない者は、日本人を奈落に導きつつある安倍晋三という売国奴宰相だと私は思う。
 
スポンサーサイト

コメント

後藤氏解放は日本の将来に吉

阪神さん、コメントをどうも。

後藤氏が解放されるかどうか、今が瀬戸際でしょうね。もし、成功すれば政府の尽力が実ったとして、当初は安倍の支持率は上がるでしょうが、その後は急速に国民の目が厳しくなってくると予想します。

渡嘉敷に行ったなら、もう高齢になっている戦時体験者に会ってみたらどうでしょうか。人生の晩年になった今、彼の人達は話し相手を欲しがっているような気がします。

安倍は愚か者

こんにちは。
安倍が米英仏の空爆側を支援すると宣言したとイスラム国側に認識されてしまいました。
これはわざと安部がやったのでしょう。
武器輸出と海外派兵の世論が沸き起こるのを待っているかのようです。
こんな馬鹿こそイスラム国で永久人質にすべきでしょう。
人質がいる間は猫を被った様な発言しかしていませんが、後藤さんが解放された後、どのように出て来るか注視しています。
だいたい想像は出来ますがw
来週、渡嘉敷島に行きます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/365-36e575e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。