2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植草一秀氏が沖縄で講演

 評論家・植草一秀氏が、今日のブログ記事で、10月7日那覇での「埋め立て承認撤回なくして 辺野古は守れない!」という題のシンポジウムに参加し、基調講演を行うと報告している。喜納昌吉も講演者に名を連ねているから、県知事選立候補予定の喜納への応援演説になるだろう。

 売れっ子経済評論家だった植草氏は、小泉政権の経済政策への批判的言論を強く行ったが故に、2004年と2007年に駅構内及び電車内での痴漢行為をでっち上げられ、冤罪を被らされて4ヶ月間投獄された。その後、すべての社会的役職を解かれ、マスコミからも姿を消している。だが、出所後は権力の抑圧に屈せず、書籍発行、ブログやメルマガなどの執筆、講演活動で、日本を支配する権力構造への告発活動を続けている。

    植草ブログより 植草一秀

 その植草氏は、裁判中、獄中で書いた著書『知られざる真実』(2007年)の冒頭部分で、2006年の沖縄県知事選において当時の安倍政権が、糸数慶子有利、仲井真不利とされた選挙戦で、仲井真現知事を勝たせる為に徳州会を使った謀略選挙活動について精緻な解説をしていた。
 氏は沖縄の基地問題に深い関心を持ち、沖縄を米軍基地基地から解放する事は、日本を米軍の支配から解放する事と捉えていると思われる。それゆえに、沖縄に新巨大基地=辺野古基地建設を否定する言論を5年ほど続けてきた。

 2009年9月、アメリカ支配からの脱却を目指した民主党鳩山政権が誕生し時、植草氏は鳩山・小沢政権に熱烈な支持と期待を表明していた。
 が、その植草氏も、首相が「普天間基地は最低でも『県外移設』を重要課題として打ち出した時、氏は直後のブログ記事で、辺野古移設については、「国家間の取り決めは極めて重要なものであり、これを破棄する事には問題がある。建設規模の縮小などで妥協を図っていく必要がある…。」との意味のことを言って、普天間基地の辺野古移設を否定してなかった。

 これには、所詮彼も大和中心主義のモノカキかと私は失望したが、今考えれば、アメリカからの激しい弾圧を直感したからではないかと思われる。実際その通りの弾圧だったが、マスコミの鳩山バッシングが始まってからはかえって、植草氏は強い「普天間の辺野古移設=新基地建設反対」の態度を打ち出すようになり、それがもう5年間続いていて、初期の修正後の移設容認論は全く影をひそめている。沖縄の解放なしに、日本の解放もない、と覚ったのではないかと思われる。

 この植草氏が、翁長雄志の知事選立候補もまた謀略の可能性が大きいとブログで打ち出している。その主な理由は二つで、
1、9月10日に菅義偉官房長官が、辺野古米軍基地建設問題は、「過去の問題」「仲井真知事の埋立申請承認がすべて」と、発言した事。
2、統一候補として擁立された翁長氏が「埋立申請承認撤回」を確約していない事。
の二つである。
 私も、前2回の拙記事に書いたように、氏の見方に同意せざるを得ない。私は植草氏がそう言うから、翁長氏は謀略候補だと言ってるのではないつもりだ。植草氏に触発はされたが、自分が前から抱いてた疑惑を呼び覚まされたのだと思っている。

 喜納昌吉は、政治家としての信条も力もないし、県外の人が持つイメージほどには、沖縄県民からの人望も人気もあるとは思えない。泡沫候補といってよいが、植草氏の応援を受けて辺野古基地建設勢力への抗議・謀略告発の意味で、立候補する事は悪くないだろう。

 翁長雄志は圧倒的得票で当選すると予想される。しかしその後、彼が新基地建設阻止に本気で働くとは予想しにくい。よしんば彼が本気でも、彼を取り巻く勢力は、彼の意思に反する圧力を掛けてくるだろう。情勢は絶望的に思われる。
スポンサーサイト

コメント

普天間

うちなーですが、いろんな黒幕の方々のことは知りませんが、結局、普天間を動かしたほうが良いのか否かのストレートな議論に出会えません。鳩ぽっぽがいなければ、辺野古は決まり、普天間周辺の人は真面目に働き出したはず、無用な議論ばかりでは?

右も左も愚か者 からのコメント

> 狼魔人日記の2014/07/19の記事と2011/07/11の日記はまさしく二枚舌ですね(笑)(仲井真氏を率先して潰しにかかった彼が知らぬ存ぜぬ…)そろそろ記事を削除するかもしれません
> *リチャード輿水による田母神氏と統一協会(世日フォーラム=統一協会・勝共連合)の関連性の告発は狼魔人日記による田母神沖縄講演会告知がもとでしたね?(狼魔人もブログのコメント欄でそれを指摘され田母神氏はカルトと繋がってるのか!私は知らなかった的な返信があったはず←本人の記事コメント欄は削除済みだが、阿修羅掲示板には残っているはず)
>
> PS
> 当方、無神論者でありまして沖縄独立派の沖縄由来人排除論にも疑問。
> 当方、今上天皇が好きでして天皇陛下や国体を利用するロジックの幸福の科学やら統一協会が嫌いです(両宗教共に天皇陛下は教祖の下に仕える者と見なしているので信者や活動家の靖国参拝や国体を護るのは緩い)
> ウォーギルドインフォメーションプログラムやらディバィド&コンカーも有ったと思っています
>
> 左翼?現代にコミンテルン組織も無く勝共のロジックは無知層への情報戦略による無理矢理な敵対行動だと思っています

真喜志好一氏が10/7シンポ辞退

真喜志氏は、喜納が知事選出馬表明前に、喜納から依頼されて出席承諾したようです。(植草氏も同様)
だが、それはシンポジウムの趣旨に同意したからで、知事選はあくまで翁長支持だとの事。喜納が出馬表明した今では、出席することはできないとの意思で辞退したという。
小生は植草氏の謀略論に同感しているが、植草氏を巻き込んで周囲を混乱させる喜納の行動には呆れさせられます。
http://kenkokenko.ti-da.net/e6821161.html

喜納昌吉の浅ましさ

喜納昌吉は2期目の2010年選挙では、大幅に得票を減らして落選。2013年は出馬さえできなかったのです。今知事選に出馬しても、翁長批判派が投票しても、批判票の息を出ず、少得票に終わるでしょう。
2016年参院選に出る為に、今回の知事選を利用したいのでしょうか?タイムス記事が事実なら、救い難い人間と言うしかなく、植草氏はこんな沖縄人と付き合ってもらいたくないです。

狼魔人は翁長氏を「コウモリ男」と貶してますが、内心ではほくそ笑んでいるかもしれません。
管理人だけに閲覧のコメントで、ある方から、狼魔人が12日に世日フォ―ラムで、講演するとの情報がありました。自身のブログでも宣伝してます。権力小判サメどもの馴れ合い行事でしょう。

「反戦な家づくり」氏は、翁長氏を信用しているようですが、私は既に述べたように翁長氏を信用する事はできませんね。彼が当選した後、反対勢力が如何に建設阻止に持って行けるかです。

狼魔人

狼魔人が植草氏と喜納氏の会合をしたり顔でプロパガンダしていますね。相手を混乱に陥れ、だから現職が一番というところに落とす心算でしょう。彼の手法は旧世紀のブラック・プロパガンダですが、結構だまされる人がいるから要注意です。

私は、「反戦な家づくり」氏の見方に賛成です。

http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1358.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/352-466fe619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。