2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧が掛かってきた知事選

 スコットランド「独立」への住民投票には、私はヤマ勘で、5~6%の小差で「反対」が「賛成」を上回り、独立は否定されるだろうと予想していた。結果は10%強の差となり独立は否定され、スコットランド住民はイギリスへの帰属維持を選択した。
 「自分はスコットランド人だ」というアイデンティティよりも、生活実感としての「イギリス人としての安定感」を、スコットランド人は選んだという事だと思える。

 私もそうだが、沖縄の人間にも自分のシマ・クニ(故郷)との対比で、この住民投票に関心を持った者が多いだろう。
 反体制言論人の元外交官・天木直人氏は、スコットランドの住民投票をなぜ日本人が大騒ぎするのかと分析しているが、それは沖縄の独立に及ぼす影響を考えているからだと言う。氏は日本の国家権力からの沖縄への差別・抑圧政策をよく見ているからだろう。
 スコットランドの独立賛成派が勝利するほうに期待を寄せた沖縄人は多いかもしれない。しかしそれは少数派でしかないとも思える。もし、沖縄で日本からの独立投票が実施されたと仮定された場合、どんな結果を私が予想するとすれば、95%~75%で独立反対の結果になると思う。

翁長雄志那覇市長 翁長雄志那覇市長

 沖縄人が日本(大和)に対する以上に、スコットランド人はイギリス(england)への異質感(scottishアイデンティティ)を持っているように思える。だが、300年間もイギリスに帰属して激しい独立運動は起きてなかったのは、そのほうが自分達の民族が生きていくのに、都合が良いと思ったからではないかと思える。 

 団塊世代以前の沖縄人だって、沖縄と大和は別の民族であると感じている者は多いと思う。だが、独立を口にする者は多くない。スコットランドのように、独立への住民投票を提起するような政治運動が起きる可能性はゼロだろう。現状に満足しているからか?そうではなく、支配民族たる大和との圧倒的力の差を感じているからである。独立を言い出した場合の、権力から自分への抑圧を恐れている面もある。

 客観的にみれば、スコットランドよりも沖縄のほうが国家からの抑圧を多く受けていて、独立を主張する正当性を持っていると思える。だがそれでも、他のアジア諸国の民衆に比べれば、物質的に豊かな生活ができている事に心地よさを感じている面も、抵抗運動が弱い要因であるだろう。

 二ヵ月後に、「沖縄県知事選挙」が行われる。保守勢力の一部を含む辺野古基地建設反対勢力は、翁長雄志那覇市長を超党派で、担ぎ出した。彼は根っからの保守政治家であり、以前は普天間基地の辺野古移設に賛成であったのだが、鳩山首相の「最低でも県外移設」公約と、その破棄以来、沖縄ナショナリズム(愛郷心)に目覚めたかのように、辺野古移設、新基地建設反対を口にしていた。

 沖縄の辺野古基地建設反対運動の高まりを見て、仲井真知事や自民党公認の国会議員らは「辺野古基地反対」を選挙公約にして、選挙に勝ってきた。ところが、承知のように、昨年末に仲井真知事は厚顔無恥にも、辺野古の埋め立てを承認し、自民党系国会議員は全員、辺野古移設反対の選挙公約を破棄して辺野古移設賛成に回った。
 しかし、翁長氏は彼らの変節を批判して、辺野古移設・新基地建設反対の意思を曲げなかった。その事が革新陣営にも評価されて、オール沖縄としての翁長擁立になったのである。

 しかし、翁長氏は旧真和志市長を父に持ち、保守系の県会議員・副知事であった人物を兄に持つ政治エリートであり、35歳の時那覇市議に当選して以来、県会議員、那覇市長と一度も落選を経験することなく、王道を進んできた。県議時代は自民党に所属し、那覇市長時は無所属だったが、自公の推薦を受けて仲井真知事が選対本部長を努めていた。また、翁長氏は選挙公約を破った島尻あい子参院議員の選対本部長を努めていた。 
 革新陣営は、翁長氏の信念の強さを信頼して統一候補に選んだと思うが、彼の政治家としての人気の強さにも魅力を感じていると思う。信念の強さでは絶対的評価のある稲嶺進名護市長も、彼を推薦するに至っている。今の情勢では、仲井真現知事に大差をつけて当選するだろう。

 しかし、翁長氏は、仲井真知事が承認した辺野古海岸埋め立てを取り消す事の表明はしていない。普天間基地の辺野古への移設、新基地建設反対を主張するなら、それを前提とした埋め立ての承認も取り消すのが筋であろう。しかし、翁長氏はそれへの態度は明確にしていない。
 沖縄実業界の一部からの支持を受けていて、それは得票に大きく影響すると思われる。その支持を失わないためのやむを得ざる戦術として、埋め立ては実行させて、その後の基地建設は絶対阻止するという腹積もりなのか?
 だが、埋め立てを実行させてしまえば、国家権力はそこに留まることなく、飛行場建設まで強行する事になる公算が強い。米軍もそれを望んでいるはずである。菅官房長官は仲井真知事が承認した埋め立てが全てだ」と言った。

 ここへ来て、翁長氏の立候補に対して、辺野古移設を実現するための「偽計・トリック」ではないかという不信感が革新陣営の中から芽生えているのではないかと思われる。だが、沖縄のマスコミではそれ報道するのはタブーとなっている気がする。後2ヶ月足らずに迫った選挙戦の目前になって、翁長氏への支持を取り消すわけには行かないのであろう。

 これについては、反権力の評論家・植草一秀氏がブログで、翁長氏の立候補は偽計であると断定しているが・・・。(続)
スポンサーサイト

コメント

証拠なし

伊藤さん

11月3日の県民大会の件をずっと追っていますが、いまだに証拠が見つかりません。
恵の本が引用され続けて、実際にあったかのようにされてしまうのは困ります。
恵は困らないでしょうがw
沖縄には来月15日に行きますので時間があれば調べます。

44年11月3日の県民大会

阪神さん

この件はどこまで判明しているんでしたっけ。
貴兄が沖縄で詳しく調べて見ますというコメントが以前あったような気がするんですが。

アホ全開!!恵隆之介

こんにちは。
「迫りくる沖縄危機(恵隆之介)」に44年11月3日の県民大会の件が出ていました。
沖縄新聞って何だwww
この日の新聞が無いのに、歴史を捏造してやがる。
こんな馬鹿が沖国大を叩き出されたのは当然です。
この本はいつもの妄想で塗り固められています。
http://imgb1.ziyu.net/view/kimuke/1411645616.jpg.html

話は変わりますがミニッツ布告が出された日の座間味村役場の写真に少年が写ってます。
一瞬、秀幸少年かと思いましたが、服が黒いので別人でしょう。
子どもとお母さんの服は晴れ着ですね。
http://imgb1.ziyu.net/view/kimuke/1411645603.jpg.html

喜納昌吉と翁長雄志

 伊藤さん。
 私は喜納昌吉をほとんど評価していませんで、以前の記事でも批判してます。仰るとおり、今更何だ、引っ込めと言いたいです。
 ただ、同世代の沖縄人として、彼の感覚は分らない事もないです。昌吉には、ヒーローぶらないで、一介の沖縄親父として辺野古基地建設阻止に、身を挺して貰いたいと期待するだけです。

昌吉よりも翁長雄志は2才ほど年下のようですが、この年代はウチナーンチュ意識は強いです。これに基づく沖縄ナショナリズムを、翁長が強烈に発揮できるかどうかだと思います。しかしながら、かれの生い立ち、経歴から見て、大きな期待はできない気がします。
 これから、沖縄と日本はどう転がっていくのでしょうね。

「沖縄県民かく戦へり」

阪神さん

「沖縄県民かく戦へり」の電文の発信者が島田知事であるという保坂説は、九鬼隆幸「沖縄戦に散った最後の官選知事島田叡の生涯」(『新潮45』7月号)で紹介されました。某キー局の某キャスターの取材もあったそうですから来年の終戦のテーマで取り上げられるかも知れませんね。


キー坊さん

喜納昌吉氏の評価はどうなんでしょうか。2010年に民主党が日和った時に彼は筋を通さなかったように記憶します。何をいまさらと言う気がするのですが。

植草氏のブログを見ると、菅官房長官が「埋立申請承認がすべて」と言ったから「承認撤回を言わない候補者は偽者だ」という論理のようです。ですが、もともと言葉の軽い連中です、その場限りで何でも言います。官房長官の発言ならその上の首相の発言で簡単にチャラにできるでしょう。

ここは軽挙妄動すべきではなく仲井真氏を確実に取り除くことに専念すべきだと思いますが、皆さんはいかがお考えですか。

沖縄人は「独立」を望まないか?

本文で述べたとおり、沖縄で住民投票をすれば、95%~75%で独立反対の結果になると思います。だが、それは現実を見ているからだと思います。

沖縄人(ウチナーンチュ)アイデンティティを持っている人間は、75%~95%で独立に対する「夢」を持っていると思います。仲井真、翁長も例外ではありません。だが、翁長も中央権力に絡めとられたようで、情勢は絶望的です。

日本脱出

伊藤さん

確かに日本は破局する可能性があります。
国の借金からして破綻する事がはっきりしていますし、福島原発にしろ、馬鹿投資東海リニアにしろ制御不能な状態ですから。
状況次第では日本脱出も考えておかなければいけないでしょう。

話は変わりますが「沖縄戦下の日米インテリジェンス」の最後で「沖縄県民斯く戦えり」の発信者が島田知事ではないのかという指摘は、さすが保坂先生だと感心しました。
県は4月16日に頻繁に出入りしていた陸軍でなく、わざわざ4キロも離れた海軍壕まで職員を走らせて内務大臣宛てに電報を送信したのだから、同じ様に轟の壕から職員を小録まで走らせた可能性がありますね。

上から目線

阪神さん

サイトを見ると上から目線の発言が多いようですが、逆の想定もあるんじゃないかと思います。

日本が沈没しそうになって、抱き合い心中はいやだといって沖縄が独立するというケースです。福島の汚染水のコントロールに失敗して海洋汚染で莫大な賠償金を要求されたり、福島の原発直下でM7クラスの地震が起きたり、東海地震で浜岡の原発がこけたり等々、いずれも破局になりますが、近い将来充分考えられるシナリオです。

だから独立も現実的課題として考えておいた方がいいんじゃないかと、沖縄の人に話したことがあります。

意外な結果

こんにちは。
ヤフーの意識調査で、沖縄県民が独立を望んだら認めるべき?との項目では意外にも認めるべきとの意見が優勢です。
この意識調査ではいつもいつもアホウヨ全開の結果ばかりですが、どうしたんでしょうね。
しかしながらコメントをみると馬鹿どもしか吠えていませんがw
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/12103/result

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/350-b4815043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。