2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完璧な仕事をした民主党隷従派

 昨日の総選挙で予想通り、与党民主党が惨敗して、政権を失うことになった。野田首相は沈痛な顔付きでコメントし、党代表を辞任すると表明したが、大惨敗したから辞任するのは当たり前のことであろう。だが、彼は惨敗に責任を感じ、失意のどん底で代表を降りるのだろうか?
 とんでもない。前の拙記事でも書いたことだが、彼は対米・対財務省隷従政治家として見事な成功を収めたのだ。

 野田佳彦を始め、民主党内対米・対官僚隷従政治家(前原誠司・岡田克也・玄葉光一郎・安住淳・枝野幸男・長島昭久・菅直人・仙谷由人)らに命じられた使命は、党内の小沢一郎勢力・鳩山由紀夫勢力を消滅・追放する事にあったのである。
 何故なら、この小沢・鳩山の2勢力はアメリカ・政府官僚支配からの政治的独立を勝ち取って、真に国民のための国家運営を目指したからである。初代首相の鳩山由紀夫は普天間の県外移設の難行を、全マスコミからの猛攻撃・官僚・党内隷従議員らの裏切りにあって頓挫し、わずか8ヶ月で政権から下ろされた。

 対米隷従に転ぶことを受け入れて首相の座に着けてもらった菅直人は、就任直後の参院選で、公約になかった「消費税増税」を突如打ち出して、民主党敗北のネタを植えつけ、自党の議席を大幅に減らせて、まだ躍進が期待されていた小沢派の増幅を阻んだ。
 そして、大メディア・検察を総動員しての小沢一郎に対する「人格破壊活動」が激しくなった。小沢一郎はでっち上げによる検察審査会の強制起訴を凌いで無罪を勝ち取ったが、テレビ・新聞・週刊誌などのネガティブキャンペーンによって、すこぶるイメージを汚された。このことがB層選挙民の投票行動に大きな影響を与えたのは、選挙の結果を見ても明らかであろう。

 野田首相はマニフェストになかった「消費税増税」の可決、マニフェストにあった「高速無料化」「子ども手当」「ヤンバダム中止」の不実行などによって、選挙民の期待を次々と裏切る政策に実行した。これは取りも直さずアメリカ・官僚・大企業の期待に応える政策を実行した事である。そして、マスコミは上げて、民主党に絶望したB層選挙民の投票行動を自民党・及び「維新の会」・「みんなの党」に誘導する報道を行っている。逆に、小沢派や嘉田や亀井静香らが連合した反対米隷従・反官僚・卒原発の「日本未来の党」を無視する報道姿勢を貫いた。

 民主党は大幅に議席を失ったが、元祖対米隷従・対官僚政党である自民党は歴史的大勝利になり、「未来の党」は大きく議席を失ったのだから、民主党は惨敗しても、アメリカ・財務省などの喜ぶところとなる。また、大幅に議席を獲得した「維新の会」、「みんなの党」は表面的に官僚に対決するかのような態度に見えるが、所詮マスコミに持て囃されて勢力を伸ばしてきた政治集団が、アメリカや官僚・財界が喜ばない政策を実行するはずはない。
 「消費税増税」は確実に実施されるだろう。「原発」はそう簡単に廃棄されないのは明らかである。官僚の「天下り・渡り」には手をつけることないだろう。沖縄においては、普天間の「辺野古移設」が可能な状況になったとして、それを強引に押し進めて来ることが予想される。
 極めつけは「憲法9条」の改変が現実味を帯びてきたことである。これこそがアメリカ・財界・官僚が喜ぶことだと思われる。

 アメリカ・官僚・大企業という、戦後日本を支配してきた勢力が喜ぶことを実行してきた野田佳彦以下の対米・対官僚隷従政治家らが今後も冷遇されることはない。8人の現職閣僚が落選はしたがそれは予定の上であり、上にあげた隷従派の中核メンバーは仙谷を除いては、今回も全員当選している。菅直人は選挙区で落ちたが、比例区で拾ってもらっている。ついでに社民党を裏切って、前原の下に転んだ辻元清美も比例区で救われている。支配権力に奉仕する者にはそれなりの報酬を与えるということである。
スポンサーサイト

コメント

マテーシの声を聴いた

さきほど(24日19時)FM21で又吉康隆が売郷トークを展開していました。
もう一人、さとるとかいうブログをやっている男を相手にトークをしていました。
27日の日比谷の集会を、例によって「左翼が・・・」となじりまくっていました。
ローマ人ブログも宣伝していました。
アメちゃんにいい子いい子されたい情けない奴らの、低俗な放送にうんざりしました。
地域放送はここで訊けます。http://www.simulradio.jp/

通信機と通信兵は一体か?

今年も宜しく御願い致します。
糸満市史に渡嘉敷島に通信機を運んだウミンチュの証言がありました。
通信機と通信兵を山の上に置いてきたということなので、通信機と兵隊は切り離せないものだったのかもしれません。
或いは、扱い方を知らない機材だったのかもしれませんが、置いていかれた兵隊は居辛かったでしょう。
http://imgb1.ziyu.net/view/kimuke/1357733630.jpg.html

オスプレイ反対県民大会実行委

1月27日午後3時から5千人規模の集会が東京の日比谷公会堂で開かれるそうです。
仕事でなければ私は参加します。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-200556-storytopic-252.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/294-ad1e3216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。