2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンタローは今すぐ尖閣へ上陸せい!

『尖閣』をめぐる中国国内の反日デモは中国全体に拡大し、日本人の予想を上回る激しい展開になっている。デモの激化を中国政府が容認しているから、このような跳ね上ったものになっているのだろう。また、中国当局の監視船多数が尖閣海域に出入りし、国家としても強硬な意志を示している。

 東京都知事・石原慎太郎の尖閣購入宣言に端を発する中・韓との「領土問題騒動」は、背後にアメリカの意思が働いている事は明らかである。同じようにアメリカの意を受けた韓国の大統領・李明博は、この直後に『竹島』に上陸し日本人の「領土」への怒りを煽った上、「天皇の謝罪」発言を行って更に日本人の反韓感情を増幅した。香港の得体の知れない活動家たちは、尖閣に不法上陸して日本の警察に逮捕されたが、野田政府はこれを国内法に基づいて裁く事をせず、単なる退去処分で事を済ました。これは日本政府の側による、日本人の不満を煽って反中感情を盛り立てる為の処置であろう。既に書いたように、これらの一連の出来事はすべて、日本と中・韓との国家的対立、および国民的対立感情を生み出して、軍事的緊張を「創作」するというアメリカ(軍)の謀略である事に間違いない。

          売国奴」
        石原慎太郎はアメリカ滞在中に、アメリカの指示に従い、『尖閣』購入発言を行ったのだが、何故になぜこの時期に、それをしたのかといえば、衆院解散総選挙が近づいてきて、自民党が政権を奪い返せる見込みが出てきたからだろう。民主党で、菅・野田と対米隷属首相が続いたように、アメリカにひざまずく決意をした者が日本国の宰相になれる可能性は高い。わずかでもアメリカの意に召さない政策を取ろうとすれば、鳩山由紀夫のように、対米隷属のマスコミを総動員させて、その座から引き摺り下す。また、小沢一郎のように、検察を使って犯罪をでっち上げ首相の座に就かせない謀略を行う。

               無能息子
     
 齢80の老人が自分が成れなかった総理大臣に、倅・石原伸晃を地位に就かせたい一心でアメリカの忠臣になることの決意の現れである。
 その証拠に、伸晃は党幹事長でありながら、総裁の谷垣禎一を出し抜いて自民党総裁選に出馬している。慎太郎は自分が『尖閣』に関して勇ましい言動を行えば、ナショナリズムを刺激してB層国民の人気を得られると計算しているだろう。『領土問題』に関して自分が男を上げれば、倅が総裁に成り衆議院総選挙を戦えば、自民党は議席を増やして第一党に成れる可能性があるとも計算している。今回の総裁選で勝てなくとも、政権奪回が成った場合、領土問題を紛糾させた親の「功績」により、伸晃がその次の総裁・総理に成れる可能性は高い。マスコミもその方向で「支援」するだろう。

 自分の身の栄華を達成する為に、アメリカに自分を売り、国を売り、『尖閣購入』という形で沖縄を食い物にする行為は、政治家としてというより、人間として浅ましい所業ではないか。こんな男の息子が総理大臣になれば、より一層「対米隷属」の度合いを深めて「憲法改変」への道を突き進めて行くに違いない。アメリカにとってより使い勝手のよい国家にするための政策を採っていくしかないだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/282-87fcbbd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。