2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「毒を食らわば皿まで」の菅直人

 菅直人がどんな内閣改造をしようが自分には全く興味ない事であったが、ついこの前まで対立関係にあった党の代表であり、元自民党の与謝野馨(72)を「経済財政担当」大臣に持ってきた。これには呆れてものが言えなくなる。このポストは、選挙区において宿命の敵と言うべき海江田万里を別のポストに追いやっての着任である。なりふり構わぬ起用ではないか。

                 与謝野着任


 菅が、政策通だと言われる与謝野をもってきた理由は、当然、法人税減税、消費税増税という金持ち優遇財政政策を推進して貰いたいからだ。また、海江田万里は閣内で唯一の小沢支持と見られている大臣だから、閣内から追い出したい為の嫌がらせ人事である。背後にはアメリカの意向がある。


 菅は最終的には、小沢一郎を民主党から追放したいのである。小沢派が大量離脱したら、民主党の勢力は著しく弱体化する事は目に見えているが、菅直人にとってはそれでも構わないのだ。小沢派が政権政党から離脱して、新党を組んでも、所詮少数政治勢力にしかならないから、自民党や「みんなの党」その他「対米隷従勢力」同士で連立を組めば、小沢派は大した勢力に成らないと計算している。小沢一郎や支持派の議員たちも、それを分っているから、党内に居残るために踏ん張るだろう。

        
 なぜ菅は首相就任後、党の勢力を削ぐような、露骨で下手に思える手を次々打ってくるのだろうか?それはすべてアメリカ様のご命令だから仕方ないのである。命令を死に物狂いで実行していかなければ、自分の方がご主人様から谷底に突き落とされるのだ。小沢一郎を政治的に抹殺するという自分の使命をなんとか成就しなければ、失敗した暁にはヨレヨレの状態でお払い箱にされるかも知れない。後戻りもできないから、菅直人も必死なのだろう。

           
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/209-b636f243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。