2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素人ウチナーグチ(沖縄語)講座①

 ウチナーとは沖縄のことであり、グチ(口)とは言葉(言語)のことである。大和人の大抵の人が知っているように、ウチナーンチュとは沖縄の人(チュ)のことを言う。だが、沖縄県内で「ウチナー」と言う場合、本来それは沖縄本島とその周辺の島々のことに限定されるのである。
 だから、「宮古」「八重山」はウチナーではない。したがって、「宮古」「八重山」の人のことを「ウチナーンチュ」と呼ぶのは適切ではなく、我々沖縄(ウチナー)(=沖縄本島と周辺部の島々)の人間から見れば、彼らはそれぞれ「ナークン(宮古の)チュ」と、「エーマン(八重山の)チュ」である。

 日本復帰前、私が子供の頃には、我が町には奄美を含め沖縄県各地からの移住者がたくさん住んでいた。彼らは容易に沖縄本島の言葉(ウチナーグチ)を覚えて、自在にそれを使って土地に馴染んでいたと思う。  時々、建設現場などで、宮古の人たちが自分の土地の言葉(ナークくとぅば・宮古方言)でしゃべっているのを聞く事があったが、到底理解できるものではなかった。八重山の人は比較的少なかったので、その言葉での会話を聞く機会はなかったが、おそらく宮古方言と同じく我々には理解できるものではなかっただろう。
 奄美の人も結構多く住んでいたが、奄美の人同士が自分たちの言葉でしゃべっているのを、私は聞いた記憶は無く、彼らは共通語か、沖縄本島の言葉(ウチナーグチ)でお互い同士会話していたような気がする。

 当時は、地元である沖縄本島では、土着の言葉であるウチナーグチ(本島方言)が十二分に生きていて、よその土地から移住してきた人たちでさえ、それを容易に会得してその土地に馴染んでいたと思う。でも、彼らもまた自分の生まれた土地の言葉で、同郷の者同士では会話していただろう。琉球列島各地に土着の言葉がまだまだ健在であったという事である。

 しかし、それでもよその土地の人間同士で会話する時には、何が一番多く使われていたのかと言えば、共通語(日本語)である。学校・社会は、「沖縄方言は汚い言葉であり、日本復帰した時に恥ずかしくないように、早く立派な共通語を会得しよう」という風潮であった。
「先島(宮古・八重山)では、その共通語励行が上手く推進されていて、学生達はほとんど方言を使わなくなって共通語が上手くなっている。見習って、我々も方言不使用・共通語励行に努力しよう」とのたまうPTA会長もいた。

 まとまった本を読んだわけでなく、素人の思いつきの域を出ないのだが、日本語は大まかに大和方言と琉球方言に分けられると思う。基本的事物の呼称(名詞)が、日本語と琉球方言の一部沖縄本島方言(ウチナーグチ)では、かなりの部分一致するのである。「手」は「ティー」、「鼻」は「ハナ」、「口」は「クチ」であり、「頭」は「チブル」であるが、一致しないかに見えても日本語の「つむり」と同源であることが判る。同じく「顔」は「チラ」というが、これも「面」である。「腹」は「ワタ」。その他「水」は「ミジ」、「雨」は「アミ」、「草」は「クサ」、「汗」は「アシ」、大部分が一致する。

 琉球方言は「奄美方言」「沖縄方言」「先島方言」の三つに分けられると思う。(続く)
スポンサーサイト

コメント

屋号と苗字

阪神さん、コメントをどうも。

 何回か沖縄を訪ねたことある貴兄らしく、沖縄の地名・人名のウチナー読みをよくご存知ですね。
 
 人名の場合、屋号=苗字の家系では、隣近所や古くからの縁者からは、そのままウチナー発音で呼ばれる事が多いと思います。津嘉山だったら「チカザ(ジャ)ン」です。
 だが、共同体社会が希薄になった今、使われるのはほとんど「ツカヤマ」ですね。ただし、南風原町の津嘉山集落は「ツカザン」と公式の呼称になっています。

 小生の家系は屋号と苗字が違うので、知った仲の人からは、△△のキー坊と呼ばれる事多いのですが、普通は○○(苗字の公式読み)ですね。

発音

こんにちは。屋号では津嘉山をチカジャン、上江洲をイージ、高江洲をタケーシと読んでいたようですが、苗字の場合も同じ発音なのでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/181-08a697a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。