2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の参院選

 苦々しい気分にさせられた昨日の参院選の結果だった。菅首相はワザと負ける為に「消費税増税」を打ち出したのだろうか?あるいは単純にアメリカと日本財界に気に入られる為にそれを発表したのに、それが災いしただけなのか?。何の意図があるのか分らないが、私にはわざと負ける為にしたとしか思えない。
 だが、私が苦々しい気分になったのは民主党が惨敗したからではない。民主党現職の喜納昌吉が落選した事も大いにあり得たことで、特に落胆する事でない。沖縄選挙区で、自民党の現職・大和人女性候補に、次点の社民・社大推薦の候補者が大差をつけられて勝たれたのが苦々しいのである。

 タイムスの記事では、「地元合意ない辺野古移設は無理」 参院選で当選した島尻氏

とあるように、普天間基地については、「地元合意ない辺野古移設は無理」として反対の意向を示して選挙戦を戦っている。だが、自民党所属である島尻安伊子議員は政権交代までは、普天間の辺野古移設に賛成だったはずである。政権交代後の鳩山政権の迷走、県内移設反対への県民的盛り上がりによって、自分の参院議員改選に当たっては、「辺野古移設」を引っ込めざるを得なかったのである。
 だが、島尻氏は「辺野古移設絶対反対」とは言ってない。「地元合意ない移設は無理」と言っているのであり、いずれ情勢が変わって地元が合意を受け入れる情況が生じてくれば、当然、所属政党・自民党の党議(マニフェスト)に従って「移設賛成」に回ってくる事は当然の成り行きとなろう。 これは、沖縄産業界代表の仲井真知事においても同様なことである。彼も11月の県知事選までは「地元合意ない移設は無理・不可能」と言い続けるだろう。

 島尻議員が「地元合意ない移設は無理」と、党議に反する事を言っていても、自民党はそれに対して何の処分も課さないのは当然である。いずれ情勢が変われば、「対米従属」を旨とする自民党の沖縄政策に従うのは間違いないからだ。この事情は仲井真知事も同様で、財界の中で身を立ててきた経歴の彼に、沖縄人のナショナリズムを貫徹するだけの器量も意思もがある筈はない。

 菅民主党政権下で、普天間の辺野古移設への切り崩しが着々と実行されていると思われる。今回の革新不統一もその顕われかもしれない。11月の県知事選では、民主政権と防衛省との共闘で沖縄の自治体へのアメとムチによる懸命の締め付けが画策されるのは必至だろう。県知事選、その他地方自治体の選挙の結果が重なって、沖縄の民意が変わったと見なされる情況が作り出される可能性は大いにある。

 今参院選沖縄選挙区の結果は以下の通りである。

 島尻 安伊子 258,946(47.6%) 45 自民  現2
 山城 博治  215,690(39.7%) 57 無所属(社) 新
 伊集 唯行   58,262(10.7%) 59 無所属(共) 新
 金城 竜郎 10,832( 2.0%) 46 幸福実現党 新

山城(社)と伊集(共)の票を合わせれば、273,950となって、革新側が保守(島尻)を上回っている。カルト政党の金城の票を保守に加えても、269,778にしかならず、微差であっても、自民党に議席を守らせる事なかったのである。
「肝心な時には団結しない」という何とも不可思議な特性を沖縄人は何時も見せている。12年前の大田・稲嶺の県知事選もそうだったが、沖縄の行く末を決めるという正念場で、沖縄のナショナリズムは大和の植民地主義の前に敗北を喫している。1月の名護市長選では意地を見せたが、今回はこの始末である。11月の知事選では、日米合意案を容認する意思を腹に持っている現知事、あるいはその後継者に当選をもっていかれる可能性のほうが強くなっていると思う。仲井真知事は「県内移設は不可能だ」と繰り返しているから、県民もそう信じ込まされている。

 それでも、革新の側が一致団結すれば、完全に普天間の辺野古移設を封じ込める結果を残す事が出来ると思う。伊波宜野湾市長が知事選出馬に意欲を見せていると聞く。ここで誰かが革新の団結に動出すべきであるが、本来なら政権政党・民主党の沖縄県代表の喜納昌吉が尽力すべきだった。だが、今は民主党政権も対米従属に堕した。今回の沖縄選挙区の革新側の統一については、喜納がその役割を担うべきだった。もう彼は代表を降りるといっている。国会議員先生に成り下がり、そしてそれから落っこちた彼にはもう何の期待もできない。あとは民主党に抗議の態度を評して、離党をする事が彼のわずかばかりの名誉回復になろう。

 喜納昌吉の今回の得票であるが、70,637(党内得票率1.8%)である。前回(2006年)は、178,815(4.7%)であった。10万票以上も票を減らしている。喜納昌吉の6年間の活動に対する厳しい眼であることを喜納は認識するだろうか。民主党の首脳部のせいにするのではないだろうか。沖縄の代表面して、そのぶくぶく太った顔を衆人に晒すのはもう止めにしてもらいたい。
スポンサーサイト

コメント

社共共闘

阪神さん。何時もコメントをどうも。

社共共闘という語も懐かしいものになりましたが、沖縄に限っては、単に政党同士の協力という以上に、ヤマト追随主義に対する沖縄のナショナリズム発現という意味が在ると思います。

喜納昌吉の唄を2度ほど野外ステージで聴いたことありますが、唄の内容より、私は彼のス-パースター気取りの雰囲気が鼻に突きました。

共倒れ

こんにちは。毎度の事ながら共産党と社民党が票を分け合って共倒れするケースが散見されますね。どう考えても共産党議員が当選しそうにない地域は出馬を見送ってもらうなり、あるいは逆に社民党が出馬しないなどの調整をしてもらいたいものです。今回の選挙では私の所属労組から出馬した候補(当選した)がいましたが、僕は普天間基地の件があるので躊躇する事無く、福島みずほと書きました。
喜納昌吉の唄はアンプを使ってがなりたてて騒音を撒き散らすのではなく、生声でやってもらいたいものです。もう爆音は嫌だ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/179-17f6ecc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。