2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いら菅か、ぬる菅か。

 既定のごとく、菅直人が鳩山後の首相に成った。鳩山由紀夫は「普天間」の処理に失敗したから辞めざるを得なかったのであるから、後釜に座った菅はその「普天間」をどのように決着していくかが、就任後の最大の課題であることから逃れられない。前任の鳩山が「辺野古回帰」という再度の「日米合意」をやってしまったのだから、菅首相はそれを継承し、実現する方向に持って行けば良いのであるから、鳩山のように選択には悩む必要無いだろう。
 だが、情勢は辺野古への移転工事に着工できるものでなくなっている。鳩山由紀夫はそれを見越して「日米合意」を結んで辞める決意をしたものと思われる。菅首相は官僚、マスコミ、財界、自民党、マスコミなどの既存の「対米従属」勢力からの実行圧力を受ける事になるに違いない。菅直人も「対米隷従」からの脱却を指向する政治家である事に違いないのではあるが、その圧力を毅然として跳ねつけるほどの力を持っているとは思えない。



 そもそも菅直人は、沖縄の米軍基地への思い入れが薄い政治家のような気がする。衆議院選挙の時には訪沖して、普天間の県外移転などを口にしたようであるが、政権交代以後に、彼が沖縄の米軍基地問題について、何かを発言していたという記憶が私には無い。政権政党の幹部であれば、直接の担当部署に居るのではなくとも、何か見解を述べるものではないか。私は一回も発言した記事や報道を見た事ない。『沖縄問題』を面倒くさく思っているのではないかという感じを受ける。
 10年ほど前、雑誌のインタビュー記事で見た記憶があるのだが、彼が沖縄の基地について次のようなことを言っていたように覚えている。
 
 「沖縄に集中している米軍基地はなるべく本土に持って行ってもらうべきです。沖縄県民に過重な負担を強いてはいけないですから。」 インタビュアーが、「それは日本の本土ということですか?」と訊くと、菅は「いえいえ、とんでもない。アメリカの本土という意味です。」と慌てて言い直していた。
 
 こんなノー天気にも思えるコメントを残すとは、菅が、沖縄の米軍基地問題を真剣に考えてないことの証拠ではないのか?組閣では、七奉行などの民主党内の「隠れ対米従属派」を多く起用する人事になるだろう。鳩山の「日米合意」を踏襲するというが、鳩山の真意に反して、「辺野古移設」を実行してしまわない事を祈りたい気分である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/170-b889fe30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。