2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマト人の植民地主義

 報道では、政府は普天間基地移設を、前政権がアメリカと合意した辺野古埋め立ての「現行案」とほぼ同じ案が、今度の日米協議で合意されたという。今日鳩山首相はこの合意決定を携えて沖縄を訪問したようだ。
 もし、鳩山政権が本当にこの案で以って普天間基地の返還を図っているいるとすれば、私は何時も言うのだが、これは沖縄に対する裏切りであり、第三の「琉球処分」である。そして、これに留まらず、この決定によって「対米従属」「官僚支配」からの脱却という民主党の根本理念を捨て去る事になり、日本国の変革を願うヤマト人民衆への裏切りでもある。良心的な日本人に、深い絶望感を与える事にもなるのだ。

 反対に、鳩山民主党政府の変節を喜ぶ立場の言論人は、内心ほくそえんでいる事だろう。対米従属・官僚支配の権益を守りたい勢力(マスコミ・政界・財界等)にとっては、鳩山政権発足後から続いたマスコミなどの猛攻撃が功奏したしたことに成ったからだ。森本敏という拓大教授が、今朝のテレビ討論番組で次のようなことを言っていた。
「アメリカは前政権との間で取り決めた『日米合意』を一㌢一㍉も譲らなかった。迷走する鳩山内閣を相手によく我慢してくれた。私はアメリカ政府に感謝したい。」
「安全保障の要の地である沖縄は、日本人にとって大変重要な日本国の一部である。沖縄という地域は日本の宝である云々…」

 まさに「対米従属」、沖縄への米軍基地押し付けという「植民地主義」の権化のような学者である。森本のような御用言論人はこれからもテレビで重用される事だろう。

 今テレビで、首相と沖縄県知事との会談が中継されているが、やはり鳩山首相は「辺野古移設」に成らざるを得なかったと、決定を公表して仲井真知事に陳謝し、受け入れを懇願している。当然知事は拒否の態度を示しているのであり、このような裏切りの案は現在の沖縄では、到底受け入れられる情勢ではない。沖縄県内の「県外・国外移設」要求の熱気は最高潮に達しているのだ。

 それにしても不思議なのは、こんな下手っぴい普天間基地移設の交渉の進め方を、鳩山内閣は何故やったのかという事である。最近になって海兵隊の「抑止力」の重要さに気づいたというが、首相になるほどの政治家がこんな国際政治の初歩も考えてなかったという事は信じがたい。裏で何か逃れられない圧力が掛かったのだろうかとかんぐりたくなる。
 鳩山氏はこんな醜態を晒して、政権が維持できると考えるのだろうか?これで、7月の参院選惨敗が確定したと見るのが常套だ。が、それとも辺野古に決定する事は、参院選惨敗を免れる事になると考えたのだろうか?
 辺野古に決定する事が、かえって民主党の政権延命に作用する事になるとすれば、これはもう日本全体が沖縄に対する「(無意識の)植民地主義」が、ヤマト人の遺伝子の中に存在すると言うしかない。そして、「対米従属」「官僚支配」からの脱却を理想とする鳩山由紀夫らの政権の幹部連中も、自らの体内に巣食う「沖縄への植民地主義」からの脱却は不可能な事だったということである。
 
スポンサーサイト

コメント

この前…

森本さんはテレ朝の番組で海兵隊は必ずしも沖縄にいる必要はないととれる発言をしてましたよね…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/166-543fbc78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。