2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレない「ニセ沖縄人」の言説

 常に、米軍と米兵を弁護して、沖縄人と沖縄の新聞を誹謗中傷しているブロガー・「狼魔人」こと江崎孝が、今回、女米兵が起した酒酔いひき逃げ事件に関しても、ブレる事なく沖縄の新聞と新聞記者を貶し、笑いものにしている。

   
       辺野古ひき逃げ者
        被害軽乗用車

事故を起して乗り捨てられた米軍車両(上)と追突され大破した軽乗用車(下):沖縄タイムスHPより

 今回の悪質なひき逃げ事件に関しては、さしものニセ沖縄人の狼魔人でも、米兵弁護の記事を書く事あるまいと思っていた。ところが、めげる事なく、言葉尻を捕らえての、沖縄の新聞の報道振りと新聞記者の態度を嘲笑する記事を書いている。低劣言論人ながら、その一貫した沖縄憎悪の発揮振りには、敬服の念を抱いてしまう。(笑)

 その「言葉尻」とは何かといえば、「ひき逃げ」という言葉が謀略的だと言うのである。今回の事件は、女米兵が沖縄人の親子が乗った軽乗用車に追突して逃げたのだから、「ひき逃げ」ではなく「当て逃げ」に過ぎないのであるから、「ひき逃げ」という用語を使うのは米兵の罪を重く印象付ける為の沖縄の報道界の「談合」であると言っている。
 確かに言葉本来の字義から言えば、「轢(ひ)く」という言葉は車輪の下に何か物体を押圧して通過する事を意味する。狼魔人とそのブログへのコメント者達は、よって、追突行為はそれにはふさわしくなく、「当て逃げ」に過ぎないと言うのである。

 こんな理屈こそ笑止千万ではないか?言葉の原始的意味から逸脱して、別の意味合いを帯びて社会的に通用する事はよくある事ではないのか?例えば、「ごみ」という言葉であるが、国語辞典では「塵・芥」のことであると書かれている。「塵・芥」とは「細かい不要物」のことだとされている。だが最近、一般に流布している「護美」という用語に象徴されるごとく、「不要に成った生活用品」のことが一般的意味になっている。私が子供頃には無かった「粗大ごみ」などという矛盾した用語も何の疑問も無く社会的に通用しているのである。

 一般に車で他人に損害を与えて逃げた場合、人的被害がある時は「ひき逃げ」と言い、物損だけのときを「当て逃げ」というらしい。今回子供の一人が軽症を負ったのだが、「ひき逃げ」は法律上の語句でなく、常用的に新聞等で頻繁に使われているのであるが、実際的には車輪の下に人を敷いてから逃げ去るケースは少ないと思う。ほとんどが「当て逃げ」「はね逃げ」であろう。狼魔人流に言えば、世の中の「ひき逃げ」はほとんど「当て逃げ」であって、「ひき逃げ」という言葉を使う事は、加害者の罪を重くする為の、日本報道界の「謀略」である事になる。(笑)

 狼魔人のブログ・コメント欄には、チンケな沖縄人コメント者も現れるのであるが、そいつらは大きな権力に身を寄せて同胞を抑圧したがる、歪んだ精神の持ち主たちである。
 狼魔人=江崎孝はそれらの本物のネトウヨ沖縄人とは違って、偽者の沖縄人であり、沖縄を貶して日本の支配層の沖縄収奪の為に、トロイの木馬よろしく、沖縄に潜り込んで沖縄を攻撃する事を人生の喜びとしている人間だろう。
スポンサーサイト

コメント

笑っちゃいます

狼魔人は、私のmixi日記を盗んだのかな?

日本語はヤヤコしい! 『追突』でも『ひき逃げ』か
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1438939043&owner_id=1225433

結論から言えば、

「人を轢こう」が、
「人を刎ね」ようが、
「引っ掛け」ようが、
「追突」しようが、
「正面衝突」しようが、
「積荷落下」しようが、
「石を撥ね跳ば」そうが
・・・何しようが、

人身事故またはその惧れがある事故の当事者が、被害者を放置してその場を立ち去ることを
・・・「ひき逃げ」といいます。
※道路交通法第72条に定められた必要な措置を講ずることなく、事故現場から逃走する犯罪行為を指す。

それに対して、ガードレールを破損したりペットを刎ねたような、明らかな物損事故を放置逃走したとき
・・・・「当て逃げ」というそうです。

以上
http://www.moon-cross.com/etc/atenige.html より
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それよりも何よりも、この事故の捜査と報道が、リアルタイムに「日米地位協定」の現実を映し出したことではないでしょうか。
(拙ブログで恐縮ですが)

(1)http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/1508907/
(2)http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/1510346/
(3)http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/1511356/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、久しぶりに狼魔人日記にコメント投稿しましたが、ヤッパリ彼は即削除するのでしょうか(笑)
ttp://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/bc30816017430807192cc9a57065d381?st=0
八つ「当り逃げも」程々に (ni0615)
2010-03-20 15:52:27

追記:あるときからコメント書き込み拒否されましたので諦めていましたが、今日書いてみたら投稿できました。狼魔人氏からのレスもつきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

フラー狼魔人

 阪神さん、コメントをどうも。
仰るとおり、狼魔人は究極的には「フラー」に違いないです。彼は自分の故郷のヤマトの利益の為に、沖縄誹謗の言論に精を出している積りでしょうが、結局はヤマトの損にしか成らないでしょう。
 だが、彼は知能も悪くなく、前にni0615さんが「悪魔は勤勉なり」と言ってましたが、相当な努力家でもあるでしょう。沖縄で生まれ育ったヤマトゥンチュであるが故に、彼の地への憎悪もまた尋常でないものが有ると思いますね。

これは当て逃げではない

こんにちは。当て逃げというと軽く叩いてトンズラしたかのようなニュアンスを含んでおり、バンパーが凹んだ程度の事故に使われる事が殆どです。写真のタントの潰れ方からして、ひき逃げという言葉を用いるべきです。つまり、相手が大怪我をしている可能性を認識しながら逃げるという犯罪に相応しい言葉という事です。ろーま人は年長者のくせに見習うべき点のないふらーですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/tb.php/148-54b64149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。