2011-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間は嘉手納に統合せよ3

 嘉手納町議会の田崎博美議長らは20日、防衛省、外務省、首相官邸を訪ね、米軍普天間飛行場の嘉手納基地への統合反対を訴えるとともに、12日の住民集会で採択した抗議決議を手渡した、という。(タイムス記事)

福山哲郎官房副長官は「嘉手納統合案は米議会から出た話で日本側から出たわけではない。あくまで米議会の有志の話だ」と述べ、日本政府内では検討していないことを説明した。」

防衛省の広田一政務官は嘉手納統合案について「現時点では政府として統合案を議論したことはない」と指摘、日米で合意した名護市辺野古への移設実現に向け継続して取り組んでいることを説明した。」

外務省の徳永久志政務官日米合意案堅持の方針を示し、要請内容を松本剛明外相に伝えるとした。」


普天間は嘉手納に統合せよ3 »

スポンサーサイト

普天間は嘉手納に統合せよ2

 小生が沖縄の一紙に投稿した前褐・「嘉手納に統合せよ」との趣旨の論考は掲載されていた。それと同日同欄に、嘉手納在住・元国会議員の「絶対拒否」の意の投稿も載っていた。
 「嘉手納統合案」への沖縄二紙の論調は当然のごとく、絶対拒否である。60年以上爆音・墜落事故等の基地被害に苦しんできた嘉手納周辺の人々に、これ以上の負担は掛けられないというものである。
 5月12日頃に米上院軍事委員会のレビン委員長ら米上院3有力議員の提案が明らかになってから、今まで一月間の沖縄二紙の投稿欄には、ざあっと眺めて「統合案」に賛成する投書は小生のを含めて3通である。絶対反対のそれは2倍くらいある。沖縄全体としてはそれほどの関心を呼んでないのかもしれない。統合案に賛成する県民は反対する県民に比べて、圧倒的に少ない状況ということである。

                  統合案反対6.12
                  6月12日の嘉手納反対集会

普天間は嘉手納に統合せよ2 »

救いがたい政治茶番

 私は、ある人間が世間から集中攻撃を受けている時、世評に逆らってその人間を庇いたいような、天の邪鬼な気分になることが多いのだが、この男だけは別である。
 震災から1ヶ月経った頃の、新聞に載った菅直人の顔写真だが、見るも気色悪い顔つきである。全体に精気が感じられず、目はしょぼんとして生きた人間の目ではない。腐ったサバの目というのでもない。無機質なロボットの目のようだ。そうだ、悪魔にあやつられた人形の目ではないか。菅はアメリカの闇の権力に魂抜かれた傀儡宰相である。

            鯖の目の菅

 菅はちょうど1年前、対米従属からの脱却を模索して「普天間」の県外・国外移設に四苦八苦していた鳩山前首相が、対米従属のマスコミ・官僚に追い落とされて辞任した後、アメリカに魂売り渡す形で首相にしてもらった売国宰相である。         
           

救いがたい政治茶番 »

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。