2011-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反体制言論人の認識不足

 反体制言論人とは元駐レバノン全権大使で、アメリカのイラク侵攻時における、小泉政権の全面的対米追従対応を批判して外務省を追放された天木直人氏のことである。現在は文筆家として、あるいはブログ(『日本の動きを伝えたい』)・メルマガ発信者として、対米追従から脱却できない日本政府の外交政策を筆法鋭く糾弾する言論を展開している。
 当然、過重な米軍基地を押し付けられている沖縄に対しても同情的言論を行っている。だが、まことに遺憾なことに、最近のメルマガで、米軍嘉手納基地のある嘉手納町の町長交代をめぐって次のような感想を述べている。

反体制言論人の認識不足 »

スポンサーサイト

鳩山は正直

 鳩山由紀夫前首相が12日、沖縄の新聞記者のインタビューに答えて、「普天間」の県外移設を断念して、最終的に「辺野古]に回帰した理由として、沖縄海兵隊の「抑止力」を挙げていた事について、考えあぐねた挙句の事で、それは方便だったと言ったという。これに対しては各方面から轟々たる批判の声が上がっている。

 その後鳩山氏は、(インタビューで質問者から)「それは方便としてか」と言われたから、「そういうふうに言われたら、そういう部分があったかもしれない」と言ったと、弁明している。
 「海兵隊自身に抑止力があるわけではない。(陸海空を含めた)四軍がそろって抑止力を持つ。そういう広い意味では(辺野古移設の理由に)使えるなと思った」とも言っているが、本音を述べたに過ぎないだろう。
「沖縄タイムス」記事2.13

鳩山は正直 »

サンデー毎日1972

古書店で又、沖縄の祖国復帰=「沖縄返還」(1972[[昭和47]年5月15日)前後発行の「サンデー毎日」を見つけて買った。今から39年前の週刊誌である。
 1972.6.4発行だから、記事は5月15日の「沖縄返還」前後辺りのものである。
 表紙は「ホステス65人 プレイタウン で死んだ女の年輪」と記載があり、5.13発生の大阪・「千日前デパート火災」の犠牲者女性数十人の顔写真が並んでいる。「本火災は沖縄返還の約25時間前であり、犠牲者には沖縄県出身者も含まれていた」(Wikipedia)。だが、小生がこの古い週刊誌を買う気になったわけは、一段小さい表紙見出しの「沖縄ソンミ事件・鹿山兵曹長 現地妻の告白」を見たからである。

                  sundaymainiti197264.jpg

 以前に、渡嘉敷島の赤松嘉次元隊長のインタビューを載せた、石田郁夫のルポ・「渡嘉敷島住民・集団自決の真相」の記事(『サンデー毎日』1972年4月30日号)を調べていた時、
 同じ「サンデー毎日」4月の号に、「27年間ヤミに葬られていた・沖縄のソンミ事件」4月2日号)、及び
 「鹿山兵曹長の独占手記・私の信念はお国の為であった」4月23日号)という二つの「久米島虐殺事件」関連の記事を見つけて、そのページのコピーを取って置いていた。
 4月2日号では記者のインタビューに対し、K(鹿山正)・元隊長は「良心の呵責(かしゃく)もない。ワシには軍人の誇りがある」、と答えて沖縄の人間の怒りをかきたてた。だが、その後4月4日に出演したテレビ対決では、沖縄の遺族の糾弾の言葉に対してはうなだれた態度を見せて、終始無言で反論する事はなかった。

サンデー毎日1972 »

50年前の事件から感じる事

 前々回の当記事で紹介した1959年6月発行の『週刊明星』を読んで、52年前に「スチュワーデス殺人事件」があった事を初めて知り、これの関連記事や情報を多少調べてみたのだが、感じさせられる事は二つあった。

 一つは、世の中で当然なものとして信じられている事柄と、その実態あるいは実相とはかけ離れている事が多々在るという事である。
 曽野綾子の仇敵ともいえる「鉄の暴風」の著者・太田良博は、皮肉にも、曽野が初めて沖縄を訪れた1961(昭和36)年初頭に、その講演を聞いており、その年3月の新聞コラムに次のように書いている。(『戦争への反省』)
「なんでも、疑ってみることが大切だ。権威を無批判に肯定してはいけない」という意味のことを、曽野綾子さんが講演した…、
と。
 『週刊明星』でも、東京オリンピックについて大勢の考えに反対する意見を述べていたが、権力に奉仕する体質の曽野綾子は、昔から上っ面だけの反権威主義的ポ-ズをとっていたのである。若い頃から欺瞞的性質は持ち合わせていたようだ。

50年前の事件から感じる事 »

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。