2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎の原爆記念日

昨日8月9日は、言わずとも、今から68年前の1945年に長崎市に原子爆弾が投下された日である。
 私は今から45年前に長崎の学校に入学したのだが、日本復帰前の沖縄の高校を卒業したその年の4月上旬に、那覇港を船で出て鹿児島を経由して長崎に行った。那覇を出て、翌日鹿児島新港に到着、下船して祖国「日本」の地に初めて足を着けた。しかし、特に何の感慨も湧かなかった。

 集団で宿泊した新港近くの大衆旅館に荷を置いて、仲間数人と鹿児島の街を歩いてみようと宿を出た。そしたら、近くの高級旅館の前を数十人の中年の人たちが、日の丸の小旗を手にして取り巻いていた。何かと思えば、皇太子・美智子夫妻がこの旅館に到着するとのことである。ちょっと立ち止まって見ていると、車が到着し、若きご夫妻が降りて、人々に手を振っていたのを遠目に見た事を覚えている。
 この時も何の感慨も湧かなかったのだが、今思えば、とても珍しい偶然だったと言える。初めて沖縄を出国した少年が「日本」に足を踏み入れたその日に、将来天皇になる人物のお姿を拝んだのだから。

長崎の原爆記念日 »

スポンサーサイト

ホームページを立ち上げましたが

「ある神話の背景」追求のHPを作りました。
 
 リンク⇒ 「その神話の背景

主旨はブログに収めるには、大きすぎる資料、或いは希少性のある記事・文献をなどを入手したとき、に資料庫として使おうかと思います。自分にとっては、四苦八苦しながらの苦手な作業です。ブログに収めた石田論文をHP内に移動して収めようとしても、リンクが上手くいかないのがあって、その儘にしてあるのもあります。
こんな難儀なことに時間を費やされるのは、はなはだ不本意なので、適当なところで諦めるのがよいと思いました。

ちょっと疲れたので、しばらくしてから曽野綾子「ある神話の背景」追求を開始したいともいます。

«  | ホーム |  »

プロフィール

キー坊@ウチナー

Author:キー坊@ウチナー
沖縄本島中部、巨大な米軍基地を抱える町の生まれ。
齢を重ねるごとに、沖縄戦へのこだわりが強くなります。
曽野綾子・『ある神話の背景』は沖縄を究極的な軍事基地にする目的を持っています。「集団自決」は沖縄戦の集約された出来事だと思います。『ある神話の背景』は沖縄への抑圧・差別の集約文書です。

HP・「その『神話』の背景」(文献・資料集)
http://keybow.co

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
関連著作の紹介 (73)
渡嘉敷島関連 (19)
座間味・阿嘉関連 (19)
奄美その他 (38)
曽野綾子論 (35)
基地 (55)
政局 (45)
自論 (40)
STAP問題 (17)
慶良間全般 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。